人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2014年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

美浜アメリカンビレッジにオオコウモリ

 先日、アメリカンビレッジで遅い夕食をとった。歩いている時、目の前を黒い大きなものが飛び去って行った。何だろうかと、あたりを見ると、目の前の木に、オオコウモリが二羽ぶら下がっている。木の実だろうか、花だろうか、オオコウモリがしきりに食べていた。シドニー・オペラハウスの近くの公園の木に無数にぶら下がっているの思い出した。沖縄に大きなコウモリがいることをはじめて知った。

by maranatha | 2014-08-29 20:22

失われたアーク(聖櫃・契約の箱)

 モーセの時代にアークは作られ、その中に、マナが入った壺、アロンの杖、十戒の石版が納められた(出エジプト25:10~22)。ソロモン王の時代には、アークの中には十戒の石版しかない(Ⅰ列王8:1~9)。そして、とうとうヒゼキヤ王の時代を最後に、アークへの言及は最後となった(イザヤ37:14~16)。マナの入った壺やアロンの杖が失われた時期は特定できない。また、十戒の石版が失われた時期も特定できない。ソロモンの神殿ができた時、不要になった幕屋がどのようになったか、言及はない。ソロモンの神殿でさえ、破壊され失われてしまった。それに比べ、聖書が失われないでいるのは奇跡に等しい。もちろん原典は失われた。しかし、写本は繰り返されながら保持されてきた。まるで神は失われたものにではなく、失われないものに目を向けるように語りかけておられるようだ。

by maranatha | 2014-08-29 20:21

世界最大のペンテコステ派のアッセンブリー100周年

 アッセンブリーズ・オブ・ゴッドは100周年を迎えた。現在、世界の信徒数は6750万人である。最も信徒を擁する大陸はラテンアメリカで3000万人以上、急成長しているアフリカは1700万人、アメリカは310万人である。日本は1万5千人である。世界で最も信徒数の少ない国に属するのではないか。祝典がアメリカであったが、チョー・ヨンギはゲストスピーカーに招かれてはいない。カリスマニュースにアッセンブリーに関する記事が多数掲載されてある。

カリスマニュース
http://www.charismanews.com/index.php/search/?searchword=Assemblies%20of%20God&areas[0]=gitags
by maranatha | 2014-08-29 08:45

牧会倫理規定 

 私はアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の関西教区に属している。教区には、牧会倫理規定がある。私はある教会の6名の信徒から相談を受けた。ある教会の牧師が、そのことを報告しなかったことは倫理規定に抵触するのではないか、と教区会で訴えた。後日、関係者が集まって、話し合いの時を持った。そこで確認されたのは、詳細は省くが、私の民法に基づく代理人行為が、教区倫理理規定に抵触しないということである。私は手順を踏んだ。教会が問題解決できないとき、教区委員会又は教団理事会へ訴える。それでも解決できないときは、宗教トラブル相談センターで引き受ける。その時は委任状を受け取ることにしている。代理人として活動するためである。かつて、鳴尾キリスト福音教会の牧師から、牧会倫理規定に抵触している、との指摘があった。この時も手順は同じである。この時は教区会に訴えられたものではなく、非公式な発言である。今回の件は公式に訴えがあり、しかるべき手続きを経て話し合いが行われ、牧会倫理規定には抵触しない、と判断が下った。もし、鳴尾キリスト福音教会から教区委員会に同様の訴えがあったら、同じ結論が出たはずである。

 一般的に、ある教会の信徒から相談があって、信徒がこの相談は教会の牧師には内密に、と言われたら、牧師は守秘義務を守らなければならない。守秘義務を怠れば、民事で訴えられたら敗訴する。隠したい病気を、牧師だけに祈ってください、と言ったことを、牧師が公に〇〇さんが××病気でお祈りください、と言えば守秘義務違反である。私は、代理人として、多くの宗教団体と交渉してきた。相手の弁護士とも交渉してきた。法で咎められたことはない。

by maranatha | 2014-08-28 22:29

イスラエルの失われた10部族

 イスラエルの失われた10部族、と聞くと、アッシリヤに捕囚されて、歴史から消えた「失われた10部族」を連想する。当時の10部族は文字通りの10部族だったのか、象徴的な10部族だったのか。分裂王国時代、南王国は神殿礼拝を続けていたので、レビ部族の祭司やレビ人が神殿に仕えていた。レビ部族は失われていない。南王国には3部族が以前として住んでいた。南王国の南のシメオンの分割地だったところはエドムの支配下になっていて、いつの間にかシメオン部族はユダ部族やその他の部族に同化したり、他の土地に集団で移って行った。北王国では、かつてのアシェル部族の土地はフェニキヤに支配されている。ヨルダン川の東側のマナセ部族の土地はアモンやモアブに支配され、ガド部族とルベン部族の土地はモアブに支配されている。もやはヨシュア時代のような分割した土地はない。狭められた土地に土地を失った部族が移り住み、同化したり、あるいは集団を形成して住んでいた。このような中で、「失われた10部族」とは、分裂王国の北王国に住んでいた住人を象徴的に10部族と言ったと思われる。なぜなら、土地を奪われた部族は、南北を問わず移り住んだと思われるからである。10部族はⅠ列王記11章31節が根拠になっているが、それは象徴的な行為である。

by maranatha | 2014-08-28 21:39

悪質

 嘘の物語を作り、知らない人に、先入観を与えることは、信用棄損である。以下の質問はFC2のなりすましと関係している人物の投稿と思われるが、最近誹謗中傷の記事が急に増えている。どうも組織的な妨害が行われているようだ。悪質とは、名乗らず、相手を貶めるような投稿をすることである。このようなことをやっている人が他人を悪質呼ばわりするとは言葉の使い方を間違っている。私としては削除を求める。

以下の投稿は削除されていない。
悪質!!アッセンブリー京都教会、村上密牧師についておしえてください。
http://q.hatena.ne.jp/1407998352

以下の投稿は削除された。
悪質!!アッセンブリー京都教会 村上牧師について
http://okwave.jp/qa/q8716623.html

by maranatha | 2014-08-28 14:30

ビュン・ジェーチャン事件

私は、2010年1月29日の村上密ブログで「ビュン逮捕」を書いた。
http://maranatha.exblog.jp/12050099/

2014年5月27日に原告が民事で勝訴したことを書いておくことにする。「セクハラ裁判」に関することは、簡潔に「モルデカイの会」のニュースレターに掲載されてある。


 ここで重要なのは「権威主義的な教会運営を事件発生のメカニズムである」と3人の裁判官が弾劾していることである。今や、教会成長、弟子訓練、霊の戦い、繁栄の神学のムーブメントを取り入れた多くの牧師と教会が、権威主義的な教会運営をしている。そして、しばしば事件が発生してきた。これが、反社会的教会になる土壌である。教会内で起きた不法行為の被害者が司法の場で救済され得ること」が証明された。教会の内部のことはあくまで内部で解決しなければならない、と言った旧来の思考方法では、カルト化の被害者は救済されない。教会内で起きた不法行為を裁けない教会こそ情けない教会である。権威主義的教会では、裁判官が牧師で、加害者が牧師であることが多い。裁判官であり、加害者の牧師がどうして被害者の言い分を取り上げるだろうか。単立の教会であれば、監督する団体がないので、教会では裁けない。監督する団体が保身的であれば、牧師を守り、信徒の訴えを退ける。信徒の救いの場は教会にはなく、司法の場だけが客観的に事件を裁いてくれる場である。信徒はキリストと教会の名誉を重んじている。だから、悪がのさばらないために裁判に訴えるのである。教会員が被害を見過ごしにすれば、それは祭司とレビ人そのものである。

by maranatha | 2014-08-28 12:42

福音が異邦人へ

イエスは、この十二人を遣わし、その時から彼らにこう命じられた。「異邦人の道に行ってはいけません。サマリヤ人の町に入ってはいけません。イスラエルの家の滅びた羊のところに行きなさい。」(マタイ10:5、6)

 イエス自身は、異邦人の道、サマリヤ人の町へ足を運ばれたが、弟子たちには、それらの地への宣教を禁じられた。いつ、この禁止事項が解かれたか。

「わたしは天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。」(マタイ28:18~20)

 サマリヤや異邦人への宣教が解かれたのは、イエス・キリストの十字架と復活を通してである。私たちに福音が届いたのは、このイエスの世界宣教命令による。イエスは、ペテロに「天の御国のかぎ」(マタイ16:19)を上げられた。マタイ18章15節から20節を読むと、ペテロだけではなく、弟子たちにも「天の御国のかぎ」を与えておられることが分かる。それはこのかぎを「つなぐ」(16:19、18:18)「解く」(16:19、18:18)が両方の章に出てくることで分かる。この「つなぐ」は引照をみると「禁じる」とあり、「解く」は「赦す」とある。やがて弟子たちは、ユダが死んだので、使徒の働き1章で12使徒の補充した。、また、使徒の働きの6章の配給の仕事をする7人を選んだ。15章のエルサレム会議も加えることができる。全世界に形成されていく教会は、福音に基づいて、重要は問題を決議して行った。聖書の正典を定めたのもそうだ。神はこの教会の決定を、ご自分が決定したこととして、「天においても」(マタイ16:19、18:18)、すなわち、神が支持されておられる。間違っていけないのは、何でもではなく、それが神の御心にかなっているならばである。ここで教会会議の重要性と責任の重さを教えられる。

by maranatha | 2014-08-25 07:29

「鳴尾キリスト福音教会から皆様へ」に対する反論

 山田博氏は、村上密が、関西教区の「牧会倫理規定違反を犯した」と主張している。

私は、牧会倫理規定違反をしていない。鳴尾キリスト福音教会からは、関西教区に、牧会倫理規定違反犯したと申し立てはない。山田氏が個人的に主張しているに過ぎない。私は、山田晃美氏が牧会倫理規定違反をしたので、教団に問題提起した。その後、山田夫妻は教団離脱をした。そのことで、最終的に、山田夫妻は、教団から「除名に相当する解任」を受けた。近年稀に見る処分である。

 最近、関西教区のある教会から、村上密は関西教区牧会倫理規定に抵触している、との申し立てがあった。このような申し立てを、私は初めて受けた。確かに、私はその教会の信徒から相談を受けた。しかし、直ちに動いたわけではない。まず、理事会へ相談するように勧め、理事会が対応しない場合は、宗教トラブル相談センターとして、私が引き受けることを伝えた。理事会は対応しなかった。それで私は6名から委任状を受け取り、直ちに、その教会の責任役員宛てに正式な文書を送った。このことがどうして牧会倫理規定に抵触するのか。教区会で牧師がこの件を話し始めたので、私は経緯を知らない牧師たちの中でこの問題のやり取りをすることは賢明でないと提案し、教区委員会は別に話し合いの時を持つことにした。その会合には、教区長、総務、有識者、申し立てた牧師、村上5名が集まった。結論は、代理人として行動している村上は牧会倫理規定を犯してはいない、と言うことである。

 山田夫妻からの主張とある牧師からの主張は同じである。一方は遠くから「違反した」と叫び、一方は正式に申し立てして、違反の主張は退けられた。よって、山田夫妻の主張は私の名誉を棄損することになる。わざわざ、鳴尾問題の弁明のためにのみ、ブログを作成し、黒や青や赤を使って、懸命に弁明しているが、それは自分たちを正当化するためのロジックである。削除を私は求めない。長く掲載し、自分たちの戦いの記念とされたらよい。教団から「除名に相当する解任」の事実は重い。彼らは終生それを負わなければならない。。山田夫妻のやり方に疑問を持って、訴訟を起こした信徒と、それを支持した信徒たちは、山田夫妻を支持した信徒より多かった事実が、彼らの不徳を証明している。私はいずれの問題も代理人として委任状を受けて取り組んでいる。山田氏の主張はそれを省いて、自分に有利になる物語を作り上げている。


「村上密」を検索すると、以下の記事が掲載されてある。

鳴尾キリスト福音教会から皆様へ

http://naruo1955.seesaa.net/


by maranatha | 2014-08-25 07:15 | 山田博&晃美

壊された屋根

「 群集のためにイエスに近づくことができなかったので、その人々はイエスのおられるあたりの屋根をはがし、穴をあけて、中風の人を寝かせたままその床をつり降ろした。」(マルコ2:4)

 壊された屋根は、だれの家か。それを解く鍵が2つある。1つの鍵は、マタイの福音書10章11節から14節である。滞在する家は吟味された家であり、町や村ではただひとつである。そこで滞在し、福音を伝えるように命じている。イエスがこのことを弟子たちに命じたのであれば、イエスご自身もこれを実践したと考えられる。もう一つの鍵は、マルコ1章31節である。ペテロの姑(妻の母)の熱病がイエスによって癒された。それから彼女はイエスを「もてなした」(仕えた)とある。これは一度っきりのもてなしではなく、もてなし続けた(仕え続けた)ことを表している。そうすると、カぺナウムでのイエスの滞在はペテロの姑の家となる。「町中の者が戸口に集まって来た」(33)のは姑の家の戸口となる。「数日たって、イエスがカぺナウムにまた来られ」(2:1)たのはペテロの姑の家となる。謎解きは、その聖書箇所だけでは分からない。

by maranatha | 2014-08-24 21:09
宗教問題