人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2014年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

後の雨とリバイバル

シオンの子らよ。
あなたがたの神、主にあって、楽しみ喜べ。
主は、あなたがたを義とするために、
初めの雨を賜わり、大雨を降らせ、
前のように、初めの雨と後の雨とを
降らせてくださるからだ。
(ヨエル2:23)

 後の雨運動は、自分たちの運動をヨエルの預言(2:23)の成就と解釈している。ところが、ペテロは、ペンテコステの出来事(使徒2章)を、初めの雨とは言わないで、ヨエル2章28、29節の成就としている。その他の使徒も、ペンテコステの出来事を初めの雨とは言っていない。後の雨運動は1938年にカナダからは始まった。彼らは、ペンテコステの出来事を初めの雨と見做し、自分たちの運動を後の雨と見做しているに過ぎない。雨は収穫と深く関わっている。それで、後の雨運動系の預言者たちは、終末には大リバイバルが起きると主張する。ところが、イエスの世の終わりへの言及(マタイ24:4~14)とパウロの終わりの日への言及(2テモテ3:1~4:4)は、大リバイバルを否定する内容である。
 
 なぜ、大リバイバルが起きないのか。裁きは、人が神に立ち返るのではなく、神に背く人が増えるから起きるのである。イエスは「人の子の日には・・・ノアの日に起こったことと同様です。・・・ロトの時代にあったことと同様です。・・・人に子の現れる日にも、全くそのとおりです。」(ルカ17:24~30)そして、「人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか」(ルカ18:8)と語られた。これは、信仰が見られない状況である。エレミヤはバビロンへの捕囚を預言した。多くのにせ預言者は、平和を預言した。ユダ王国が堕落したからこそ審判の時が来たのである。聖書には、終末の大リバイバルではなく、惑わしと、困難な時代が預言されてある。後の雨運動が形を変えて広がりつつある。これに惑わされる人も増えつつある。世界中でリバイバルが起きているが、その実態は、健全な教えではなく、後の雨運動と繁栄の神学が結びついたリバイバルである。これは神からのものではなく、人からのものである。その証拠に、その指導者たちは、金銭欲、名誉心、物欲、性的不道徳、偽りの教えで多くの問題を起こしている。これこそ終わりの日の背教の現象ではないか。さばきは教師からとあるが、まさに教師が堕落して行くからこその言葉である。

by maranatha | 2014-09-30 15:35 | 後の雨運動

611霊糧堂

 沖縄世界宣教教会は、かつては、クリスチャン・ライフ・チャーチズ・インターナショナル(CLCL)に加盟していた。現在、香港のメガチャーチの611霊糧堂という団体に加盟している。611霊糧堂(http://www.church611.org)を検索すると、沖縄の4つの教会、沖縄611、聖泉611基督教會、御国611禱告之家、Agape611CommunityChurch が加盟している。日本語にすれば、沖縄611霊糧堂世界宣教教会(中頭郡中城)、聖泉キリスト教会(浦添市城間)、御国祈りの家(恩納村仲間)、アガペー・コミュニティー・チャーチ(浦添市宮城)である。単立だったアガペーのホームページには加盟の記載はないが、611霊糧堂の「宣教植堂」(ブランチ)には記載されてある。隠す必要はない。疑問は、クリスチャン・ライフ・チャーチズ・インターナショナルに属する3つの教会が離脱し、単立の教会と共に611霊糧堂に加盟する目的である。加盟するほどの強い動機がどこにも書かれていない。2013年5月5日、白い家フェローシップチャーチには台湾の霊糧堂から訪問者があった。、「ホームカミング」の交わりである。沖縄の一部の教会は、「何か耳新しいことを話したり、聞いたりすることだけで、日を過していた」(使徒17:21)アテネの人々ようだ。いつも、何か、新しいムーブメントを追っかけている。

by maranatha | 2014-09-24 17:27

ホームカミングは後の雨運動の焼き直し

 2014年7月1日から3日まで、沖縄コンベンションセンター展示棟で、「ホームカミング in OKINAWA」が開催された。その後、『御国をめざす旅路 ホームカミング』(マルコ―シュ・パブリケーション)が発行された。それで、外部から内容を知ることができる。「あらかじめ講師が決められ、教えの内容が定まっている集会とは違い、この集まりでは、人々が主からの呼びかけに応じて礼拝を捧げ、主を待ち望み、聖霊が教会に語っておられることを聞く姿勢を取ります。」と書いてある。序文は、白い家フェローシップチャーチ牧師の伊藤嘉子で「高山右近は、将軍であり」と誤った紹介をしている。第1章はだれの文章か分からない。デイビィッド・デミアンの働きを取り上げている。第2章はデイビィッド・デミアンの文で、「私は今、日本の使命について話しています。だから、この時のために召されている人たちが、一つにならねばならいのです。」と一致を訴えている。第3章も第4章もデイビィッド・デミアンで、連続して語っていることから、あらかじめホームカミングの主講師が決まっていたことが分かる。第3章の「打ち破りは、主の御言葉によってやってきます。主のレーマ(言葉)が解き放たれる時に、創造的な力が与えられます。」と語っている。彼はカリスマに属する人物である。第4章もデイビィッド・デミアンで、彼がどのような人物かよく分かるのが、次の発言である。「私たちの霊の父は、巨人のような方々です。」巨人はジョン・ウィンバー、ジム・ワード、ボブ・バーツである。「ジム・ワートは、『後の雨運動」という1948年におきた運動の唯一の生き残りです。」これで、このホームカミングが後の雨運動の焼き直しであることが分かる。第5章は、ホームカミングを取り入れた台北霊糧堂の周神助である。第6章はジョーン・アナドナイで、イザヤの預言の「島々」を日本と断定している。
 参加者は、講師も内容も知らないで集会に参加したので、ホームカミングが後の雨運動の焼き直しであることを知らない。私はこの運動につては多くの警告を書いてきた。ホームカミングは、白い家フェローシップチャーチが、カリスマ路線であることが証明された集会である。福音派の教会員は正体を知らない。後の雨運動に影響を受けた教会員が、教会に帰ってその教えを広めたらどうなるだろうか。牧師が正体に気づかない、教会員も正体を知らないなら次第に教会はカリスマになって行く。牧師が正体に気づいて教会員を正そうとして、それが受け入れられないと、教会員は白い家フェローシップチャーチに流れていくだろう。企画を事前に見破ることはなかなかできないが、後の対策はできる。後の雨の浸透工作に注意が必要だ。

白い家フェローシップチャーチとホームカミング
http://maranatha.exblog.jp/22181687

「後の雨運動」の系譜

後の雨運動の浸透
http://maranatha.exblog.jp/20526166/

その他、「村上密」「後の雨運動」を検索すると多くの記事が掲載されてある。

by maranatha | 2014-09-23 14:20 | 後の雨運動

「天のしるし」の出所

 カリスマやペンテコステ派の一部に広まっている「天のしるし」の出所を、ある人が紹介してくれた。それは、『月刊レムナント』の2008年8月号に掲載された記事の復刊第1号(2014年1月号)である。2008年の記事であるが、「天のしるし」が現れる2014年と2015年に入るので、2014年1月号として復刊したようだ。何事も出所があるもので、久保有政師も、米国のマーク・ブリッツ牧師の説を取り上げたものである。

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/229tenno.htm
by maranatha | 2014-09-22 06:55

「携挙」の出所?

 携挙の問題を何回か取り上げてきた。どうやら、これではないかと言う記事を見つけた。数人の人が指摘してくれた箇所が共通していた。ある人のブログに富田信吾師の記事が掲載されてある。この記事を読んで、携挙と結びつける人は出るだろう。携挙の年月を語っていなくても、聞き手に取って、携挙が起きるかもしれない年月を書いている。非常な危機感を与える内容で、仕事や学業を続けるか判断を迫られた人もいるだろう。携挙は語り手と聞き手の理解が近いと問題は起きないが、スピリチュアルなバイアスが掛かると齟齬が起きる。携挙騒動は2000年前に起きた。なぜ今頃か。2000年後の自然災害やテロや戦争が影響を与えていると思う。近年再臨論が話題になってきている。

読者に手間をかけないために、そして、資料とするために以下に記事を掲載する。私は、ブログで、緑や赤や青の文字を使うのを避けてきた。よって、この記事は時限掲載で、個人的な資料にするかもしれない。最後に、私は以下の説に賛同していないことを表明しておく。

村上密の関連記事:「天のしるし」 http://maranatha.exblog.jp/22400226/ 「携挙」http://maranatha.exblog.jp/22400226/ 「携挙の日」http://maranatha.exblog.jp/12953350/


テーマ:2014年01月14日(火) 17時56分02秒
http://ameblo.jp/lovingjesus/entry-11749974577.html
皆既日食と月食がイスラエルの祭りと重なる事実はこの後の慎悟先生の記事を読んでね

ここからは 慎悟先生のシェア


2014年の4月15日の過越しの祭りから2015年の9月28
日の仮庵の祭りにかけて、4回の月食と2回の日食があり、いずれ
もイスラエルの祭りと重なってこの事が起こります。

 連続してユダヤの祭りと月食が合わさるのは大変めずらしい出来
事であり、前回起こったのが1967年~1968年にかけてエル
サレムが回復した時、そしてその前が1948年~1949年、イ
スラエルが建国された時、そして特筆すべきは西暦32年~33年
、主イエスが十字架に架かられた時です。つまり、聖書の歴史とイ
スラエルの歴史において非常に重要な時にこの出来事が起こってい
ます。その天のしるしが今年から来年にかけて起こり、イスラエル
の祭りと月食が繰り返し一致して起こるのは、これから先には50
0年後までありません。
 
 さらに、今年は聖書のカレンダーでは7年に一度の安息年であり
、今年の9月24日から、『土地の安息』に入ります。その7年に
一度の安息年が7回続いた49年目の次の年が「ヨベルの年」解放と
主の安息を告げる時となるのです。来年2015年がこのヨベルの
年にあたり2015年9月13日からは50年に一度の『ヨベルの
年』となり、この日は部分日食とも重なります。

 それから10日後の9月23日は、大祭司が年に一度至聖所に入
る日であり、角笛(ラッパ)を吹いて『ヨベルの年』の宣言をする
日になります。更にその五日後、9月23日は『仮庵の祭り』の初
日になり、皆既月食と重なります。
 しかもBC1416年、イスラエルの子らがカナンの地に定着し
た時を起算すると、来年は3500年の時を経て、70回目の『ヨ
ベルの年』になります。前回のヨベルの年は、1967年イスラエ
ルが六日間戦争により、エルサレムを奪還しました。この年も過越
の祭りと仮庵の祭りに日食、月食が、重なっています。
 
つまり、この2014年と2015年は聖書の歴史において非常に
重要な「時」となります。天文学的な驚くべき確率で全ての事がこ
の時に一致して起こるのです。多くの人々が、終末の「時」に関し
て言うと、「危険だ。おかしい。異端だ。」と警戒し、教会はその
事を語るのを恐れます。なぜなら今まで、様々な偽りの指導者によ
って「この日が再臨の時だ」という惑わしが多く蔓延したからです

 また教会だけでは無く、一般においてもノストラダムの予言や2
000年問題、2012年のマヤ予言などが話題となり、実際にそ
の時になっても「何も起こらなかったじゃないか。」と人々の心を
終末に対して鈍らせて来ました。
 しかし、今までの予言と言われるものは、全て何の聖書的根拠も
無いものです。しかし、この2014~2015年は、御言葉の預
言と、聖書のカレンダーに基づく「時」です。創世記を読むと太陽
と月が創られた目的が「しるしのため、季節のため、日のため、年
のため」と記されていて、その第一の目的は「しるしのため」です


 さらにヨエル書2章、使徒の働き2章には「主の大いなる恐るべ
き日が来る前に、太陽はやみとなり、月は血に変わる。」と記され
ています。月食は月が血のように赤くなり、日食は太陽が暗くなり
ます。明らかな天のしるしです。
 
 しかし、その前に!幼子から老人に至るまで、今までの歴史の中
で最も激しい聖霊の注ぎがもたらされ、「主の名を呼ぶ者はみな救
われる。」のです。これから非常に短期間の間に、人知を遥かに超
えた勢いで、爆発的な魂の大収穫が全世界でなされ、そして主イエ
スが花嫁を迎えに来られます。
 
 私はこの事を思います。「終末の事を知っている。」のが花嫁で
はなく、絶えず聖霊に満たされ、御言葉に従って忠実に歩み、聖さ
を喜びとし、日々祈り、主イエスとの親密さの中を生きる者。そし
て、麗しさと同時に手には主の剣を握り、勇敢に主の戦いを闘い抜
き、主にある愛とあわれみを身に帯びて魂の大収穫をしていく。そ
れがキリストの花嫁としての歩みです。

 ダビデの幕屋はその「麗しい愛と戦い、種蒔きと収穫」の両方を
同時に成し遂げる為の重要な拠点であり、現在日本中、世界中で急
速な勢いで絶え間ない祈りと礼拝を捧げる祈りの家、ダビデの幕屋
が回復しているのは明確な終わりの時代の「しるし」と言えます。

 私達は、驚くべき時代、大いなる時に生かされています。今は、
目を覚まし祈り、主に従い、主との時間を人生の第一優先とし、花
婿なる主イエスと強く愛で結びついて生きなければいけない時です
。これから始まろうとしている偉大な主の計画に胸を高鳴らせ。キ
リストの花嫁よ。目を覚ませ!



by maranatha | 2014-09-20 06:04

仮面ライダーW

 仮面ライダーWの話をカルト化教会を脱会した人から聞いた。仮面ライダーWの決め台詞は、怪物のようなものと戦うとき、「さあ、おまえの罪を数えろ」だそうで、その決め台詞を聞いたとき、思わず吹き出し笑ってしまったそうだ。私も聞いて笑ってしまった。キリスト教会の中で、「さあ、あなたの罪を思い出すだけ書き出しなさい。」と命令するところが出てきているからだ。脱会した人にとっては、フラッシュバックを起こしかねない言葉を、聞いて笑えるほど癒されたことに気づいて嬉しいと語ってくれた。カウンセリングを続けて嬉しいのは、心の成長を目にし、耳で聞くときである。カルト化教会を脱会した人は、賛美や聖句でフラッシュバックを起こす。心の癒しを求めて違う教会の礼拝に出席して、気分を悪くして、中座してしまうことがある。それほど深刻なダメージを受けている人がいることを知って欲しい
by maranatha | 2014-09-20 06:00

リック・ウォーレンへの批判

 リック・ウォーレンが尊敬する人物は、ロバート・シュラ―である。ロバート・シュラ―はキリスト教系のニュ-ソートと指摘されている。彼は、信念の力によって、人生を成功に導く思考法を普及させた。彼は、このような信念の力を、キリスト教色を出すために、聖書の言葉を散りばめ、「信仰」と置き換えた。リック・ウォーレンも同じ流れである。それで、福音派の人たちから批判されている。ニューエイジの思想を含んでいるからだ。リック・ウォーレンの「福音」は聖書的と言うより世俗的である。一般の書店に行くと、成功哲学の本がよく売られている。キリスト教の書店に行くと、繁栄の神学関係がよく売られている。どちらもニューソートである。人は成功したいという思いに囚われている。この思いは、信仰ではなく欲望である。欲望が強くなることによって、信仰が歪められ、思い通りになることが信仰だと勘違いをする。こうして、欲望が肯定されるため、他の欲望を育てる結果ともなっている。繁栄の神学を信奉する指導者たちは、「キリスト教」を普及させた。しかし、それは聖書的ではない。影響を受けている人は、そろそろ立ち止まり、自分がどこまで逸れたかを点検し、聖書そのものを学び、イエス・キリストに立ち返ろう。


by maranatha | 2014-09-19 13:10

村上密ブログについて

 村上密ブログに取り上げる牧師の性的不祥事に関する記事は、一定の基準を満たしていないと取り上げない。その基準とは、裁判になっている。或いは、被害者から直接私が相談を受けている。被害者が被害を公開している。私は、牧師の性的不祥事が事実であると判断できる証人や証拠がない場合、憶測で書くことはない。それは名誉棄損になるからだ。牧師が、性的不祥事の記事に対して、名誉棄損で訴えることはまずない。しかし、もしあった場合、名誉棄損になっても、事実認定に持っていけば、牧師生命をそこで終了させることができる。もし名誉棄損で負けても、私の牧師生命が終る負けではない。しかし、牧師が性的不祥事の事実認定を受けて続けられるわけがない。それでも、牧師を続けさせる教会は、キリストの教会ではなく、牧師の教会である。それも牧師の倫理観を問わない腐敗した教会である。

by maranatha | 2014-09-19 13:08

天のしるし

 新宿シャローム教会のユースパスターは、携挙の時期に関して具体的に「明言」したことはない。それでは、なぜ新宿シャローム教会の一部に混乱が起きているのか、重要な情報提供があった。それは、ユースパスタ―が、カリスマ派及び一部のペンテコステ派の中で取り上げられている「天のしるし」と呼ばれる「イスラエルの祭りと日蝕・月蝕が重なる時期」を取り上げ、「2014年と2015年には、終わりの時代における何か主の重要な御計画、魂の大収穫がある」との証言である。下記の画像は、新宿シャローム教会のユースパスターが自分のFacebookで投稿したものである。現在この記事は削除されている。この「天のしるし」の教えに関しては、新宿シャローム教会だけではなく、日本、そして世界中のカリスマ派、一部のペンテコステ派の諸教会の中で広がっている。


天のしるし_e0022644_1352613.jpg

by maranatha | 2014-09-19 13:06

携挙の日

 新宿シャローム教会の「NEWS」をクリックすると、9月13日付で「新宿シャローム教会の主イエス・キリストの再臨に対する考え方」が公表されてある。それは、最近流れている「携挙」のうわさを打ち消すためである。新宿シャローム教会は「私たちは聖書に基づいて、イエス・キリストの誕生、十字架と復活、そして再臨を信じています。新宿シャローム教会においては、再臨の詳しい日時を公表することは決してありません。」と公表している。これは「携挙」の詳しい日時もまた公表することはない、と言っているに等しい。教会の中の一部に、携挙について混乱が起きていることは事実で、私の耳に届いている。信頼できる筋から、ユースパスタ―は「携挙の日」について語っていないとの確認を得た。「携挙の月」について語ったとの証言を複数から聞いているが、テープや文書による証拠がない。よって、この件は、「携挙の日」を語っていないという以上、「携挙の月」もまた語らなかった、で決着をつけておきたい。もし、誰かが語っているとの証拠を示せるならば、示していただきたい。その時は改めて、このことを取り上げたい。

by maranatha | 2014-09-17 21:37
宗教問題