人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2016年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

学んだこと 2

神学生の時、母教会に派遣された。教会の車に乗って運転しているとき、隣の車線を走っている車がクラクションを鳴らした。兄である。ちょうど赤信号で並んで止まった。「お金持ってるか」「持っていない」兄は1万円を渡して去って行った。そこはめったに通らない通りだった。私の懐具合をよく知っておられる神が「エリヤのカラス」を遣わされた。私は金銭に関することを学んだ。それは、神は必要を満たしてくださる。
by maranatha | 2016-12-30 19:49

クリスマスの思い出

「私たちは・・・拝みにまいりました。」の言葉には、東方の博士たちが、礼拝を目的に、自分たちの意志で来訪したことがくみ取れる。「私も行って拝むから」のヘロデ王言葉は仮定である。

「意志」で思い出したことがある。イエス・キリストを信じてから、しばらくして、日曜学校の教師になった。遅刻をしないことを心に誓った。ところが、ある日、バスに乗り遅れた。私はバス停で、神に助けを求めて祈った。目を開けると、近くの和尚が目の前に車を止めた。「村上君、どこへ行くの」「島崎の教会です。」「島崎なら通り道だから、乗りなさい。」和尚は、小学校の校長をしておられる。島崎を通り、金峰山を越えて、河内へ行かれる。この時、志が神に受け入れられれば、和尚を用いてでも、神が助けてくださることを学んだ。東方の博士たちの長旅は並ではなかったはずである。しかし、拝むという目的が、困難を初めから克服している。

by maranatha | 2016-12-30 19:41

クリスマスの思い出

女の子が大切なおもちゃのお金を持っていた。
クリスマスの時、献金の時があった。
その子は、大切な宝物を捧げた。
精一杯捧げた。ポケットは空になった。
ところが、家についてみると、驚いた。
ポケットに宝物が入っている。
だれが・・・

by maranatha | 2016-12-30 11:06

沖縄でも

昨年、路上生活者・生活困窮者・刑務所出所者・障がい者・母子寡婦家庭を支援する沖縄のあるNPO法人で自死と不審死が相次いでいるとの情報提供があった。その後、情報提供者と新聞記者と話し合う機会を持とうとしたが、連絡が途絶えた。

毎日新聞には「生活困窮者の一時的な滞在施設としてNPO法人などが運営している『無料低額宿泊所』で入所者の死亡が相次ぎ、東京都と千葉県の宿泊所では年間150人以上が死亡退所していることが分かった。」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000005-mail-soci)

by maranatha | 2016-12-30 10:49 | 宗教ビジネス

考える人

考える人は、考えていることを周囲の人に質問する。
考える人は、考えたくない牧師と信徒にとって迷惑である。
考える人は、考えない教会で嫌われる。
考えない教会は、考案されたものを取り入れる。
吟味しないで取り入れ、何度も失敗し、反省しない。
考えたくないからである。
考える人は、いつか、考えない教会を去る。
考える人は、自分を正しく導いてくれる人を求めている。
考える人は、ただ教える人を求めているのではない。
考える人は、対話で深めてくれる人を求めている。

by maranatha | 2016-12-28 11:03 | カルト化

裁きなさい

コリントの教会の信者は、教会の中で本来は裁かなければならないことを、教会外の裁判に訴えている。日本の教会は教会で本来裁かなければならないことを、裁いてはならないと教えている。教会内で裁きがないので、教会外の裁判に訴えると、赦しなさいの一点張りで、加害者を擁護する立場に立つ。教会は本来、弱い立場の人々を助ける働きを担っている。それなのに、なぜ、加害者に、謝罪しなさい、償いなさいと言えないのか。そこには、加害者が教会内で力を持っていたり、献金が多かったりしていて、教会と加害者の関係をこじらせたくない、教会(或いは牧師)の保身が働いている。結果的に、教会は倒れた旅人を遠回りで避けて通る祭司やレビ人になっている。

イエスの時代には、エルサレムにサンヒドリン(最高法廷)があった。地方にある会堂は、地方裁判所として用いられた。ユダヤ教では、モーセの律法に基づいて、民事刑事の裁判が行われた。キリスト教には、「天の御国のかぎ」が与えられている。これが、教会内において、正義と公平を持って裁く教えである。ユダヤ教が裁判を持っていたように、キリスト教も教会内に裁判を持っている。

参考:「サンヒドリンはエルサレムの外、エリコ・ガリラヤのセフォリス・ハマテ・ガダラに支所が設置されている。その他各地に地方裁判所があり、最低3人で構成し裁判官・書記・執達史・執行人を置いている。」(『新約聖書の背景』北川博水)

関連記事
天の御国のかぎ(2012年4月11日のブログ記事)
http://maranatha.exblog.jp/17745150/
天の御国のかぎ(2012年7月5日のブログ記事)
http://maranatha.exblog.jp/18313206/
天の御国のかぎ(2012年4月6日のブログ記事)
http://maranatha.exblog.jp/17696507/

by maranatha | 2016-12-27 21:50 | 聖書と法

日本の流行語と中国の流行語

2016年ユーキャンの流行語大賞は「神ってる」。
中国の流行語を知るために以下を検索した。
http://www.ch-station.org/category/rensai/liuxingyu/
2014年の流行語「雾霾wù mái)」が興味深い。
「本来意味は、雾は普通の霧、霾は土やほこりなどを多く含んだよどんだ大気やスモッグのことを指す。今の意味は基準値を超えた高濃度のPM2.5を含む空気」と以下のサイトに書いてある。
http://www.ch-station.org/liuxingyu-wumai/
下記のサイトを読むと、興味が脅威になる。
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%83%9F%E9%9C%9E
中国の空気を知るには流行語は役立つが、雾霾は人体に害をなす。

by maranatha | 2016-12-27 20:49 | 文化

東方の博士たちとエルサレムの学者たち     そして私たち

東方の博士たちは、ヘロデ王に語りかけた。「ユダヤ人の王としてお生まれなった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来ました。」彼らの遠い旅の目的は礼拝である。ヘロデ王は、「民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこで生まれることになっているのかと問いただした。」彼らはベツレヘムと応えて、ベツレヘムへ行こうとはしなかった。ヘロデ王が、博士たちから質問されて不安を抱いたように、学者たちも同様に不安を抱いたからである。学者たちは、メシアが来られると民に教える立場である。その語っているメシアが誕生したと情報を得たのに、動こうとはしない。

不安は人の行動を抑制する。恐れも同様である。博士たちは、礼拝するために、仕事の中断、旅の準備、旅の困難等の不安材料がたくさんあった。しかし、礼拝したい希望がそれに勝った。しかし、学者たちは、ヘロデ王を恐れ、立場を失うかもしれないので、礼拝に行くことはしなかった。実は、礼拝するためにはどちらも命がかかっている。ここでは、メシアへの礼拝を命に勝る行いととらえるか、とらえないかで決まっている。

私たちにも、礼拝や信仰上の大切なことをしようとするとき、その行いを止めようとする、不安と恐れを与える「小ヘロデ」(ヘロデごときもの)がいる。それは、人間関係や利害関係、立場や名誉の問題であったりする。不安は情報の不足によってもたらされる。しかし、真理はあなたがたを自由にする。神への礼拝であったり、神との関わりで進めなければならない大事であるならば、神がともにおられる約束こそ、前進させる力である。「小ヘロデ」を克服しよう。

by maranatha | 2016-12-20 22:55 | 聖書

金山昌秀の支持者

金山昌秀の支持者とみられる人物が「日本から(実質的に)追放される直前のメッセージ」(2015年初旬 徳島集会)を『神のホームページ』に掲載している。これは2016年10月15日にUPされたものである。このような時期に、このような記事を掲載していることから、金山昌秀の支持者が「油まき」を全く反省していないことがわかる。そして、「油まき」再開の前の時期に掲載されていることが気になる。

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00%200%200%20kanayama15.html

この中の「金山師を当局に告発した牧師×(告発はサタンがすることです。)」の件は、私のことを言っているが、私は30年以上前から今日まで、キリスト教の異端、カルト、カルト化した教会の問題に取り組んできた。彼らから、「サタン」、「悪魔」、「破壊者」と呼ばれてきた。最高の蔑みの言葉は、最高の褒め言葉である。彼らから褒められたら、恥である。

by maranatha | 2016-12-16 18:29 | 油まき

奇妙な教会 こりふぇchurch

かつてのブログには、こりふぇchurchと松平ヨシュア・文恵牧師夫婦の名前を伏せて書いた記事がある。その時は、どこの教会について書いているのだろうか、と思われたことだろう。そして、最近のこりふぇchurchシリーズで気づかれたと思う。それは、言うまでもなくこりふぇchurchである。改めて、読み直していただきたい。この教会の異常さがよくわかるはずである。

四隅の祈り
http://maranatha.exblog.jp/23402707/

異端的祈祷文
http://maranatha.exblog.jp/23363116/

奇妙な儀式
http://maranatha.exblog.jp/23258765/

by maranatha | 2016-12-14 16:39 | こりふぇchurch
宗教問題