人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2017年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

カルバリー・チャペルの大分裂

日本ではカルバリー・チャペルの分裂はあまり取り上げられていないが、重要と思われるので掲載する。以下は大手の米国キリスト教系メディアの記事である。
・「カルバリ・チャペル コスタメサがカルバリーの団体と分裂」/カリスマ・ニュース(2016年11月7日付)
http://www.charismanews.com/us/61116-calvary-chapel-costa-mesa-splits-from-association-citing-old-testament-prophet
・「二つのカルバリー・チャペルの話:ムーブメントの分裂の背景」/クリスチャニティ・トゥデイ(2017年2月17日付)
http://www.christianitytoday.com/ct/2017/march/tale-of-two-calvary-chapel-movement-split-chuck-smith.html
以下が、カルバリー・チャペルの創始者チャック・スミス師(コスタメサの前・主任牧師)の意向を受けてカルバリー・チャペルのグループのリーダーシップを引き継いだ、カルバリー・アソシエーションの2016年10月31日から11月28日に発表された公式声明である。恐らく、カルバリー・チャペル始まって以来の、最大のお家騒動であり、最大の分裂騒ぎである。リーダー達が苦慮しながら、全世界で1600近くあるカルバリー・チャペルの全牧師宛に、メールでも送信された内容で、昨年10月末から今日までアップされている。深刻な事態が見て取れる。
http://calvarychapelassociation.com/updates/
分裂の最終的な引き金は、昨年9月、チャックの娘婿で、カルバリー・チャペル コスタメサを引き継いだブライアン・ブロダーセンが、昨年9月昨年2016年9月26~27日に米国北西部で開催されたカルバリー・チャペルの牧師のカンファレンスで、義父であり、カルバリーの創始者であるチャックのやり方を批判し、カルバリー・チャペルのポリシーの根幹・土台を否定したことである。以下は証拠のブライアンの肉声である。
https://www.youtube.com/watch?v=gj3ggFUj9UU
昨年6月、骨肉の争いの裁判の判決が出て、ブライアン・ブロダーセンとその配下にあるコスタメサのカルバリー・チャペルの役員側は敗訴した。チャックが、2013年10月に逝去した後、チャックの妻と長女が、ブライアンと役員会に対し、民事訴訟を提起した裁判である。判決文がネット上に公開されている。以下は、2016年6月27日付、カリフォルニア州地方裁判所の判決文である。
http://www.courts.ca.gov/opinions/nonpub/G052514.PDF
上記の訴訟の記事は以下である。
「チャック・スミスの娘が、カルバリー・チャペルを訴える」/クリスチャニティ・トゥデイ(2014年9月29日付)
http://www.christianitytoday.com/gleanings/2014/september/chuck-smith-daughter-sues-calvary-chapel-over-founders-last.html
この2年半前の衝撃的な記事には、チャック・スミス師の夫人であるケイ・スミスの代わりにチャックの長女のジャネット・マンダーソンが、カルバリー・チャペル コスタメサの主任牧師であるブライアン・ブロダーセンに対し、訴訟を提起したと記されている。チャック亡き後の、正に骨肉の争いであるが、ついに昨年の6月に判決が出て、ブライアン側は敗訴した。ブライアンは、その3か月後のカンファレンスで本音を暴露し、義父のチャックを愚弄し、カルバリー・アソシエーションから離脱するだけでなく、なんと、1600あるカルバリーの教会の全牧師にメールを送り、自分がアソシエーションを抜けた経緯を弁解するだけでなく、新たな団体を立ち上げたと発表した。用意周到に計画していなければ、出来ることではない。その名は、「カルバリー・チャペル・グローバル・ネットワーク」である。
カルバリー・チャペルは教団ではない。しかし、準教団のような形態があって、その本部チャペルが、チャックが創始したカルバリー・チャペル コスタメサである。ムーブメントの本家本元の本部教会が、ムーブメントの正式団体から離脱するだけでも大スキャンダルである。その教会の主任牧師が、チャック亡き後、チャックの妻と自分の妻の姉から訴訟を起こされ、敗訴した。その後、義父のチャックを愚弄し、団体から離脱し、同じような団体を立ち上げ、団体所属の教会と牧師に誘いをかけたわけである。
チャックが亡くなる2013年以前から、イマージング・チャーチ・ムーブメントでカルバリーは非常に揺れ、ついには、チャックは自分の息子で長男のチャック・ジュニアをカルバリーから追放する事態にまで発展し、激震が走っていた。その時の対応が、遅きに失し、不徹底であった事が、その後の問題を引き起こしたと言える。兆候はあった。そして、チャック亡き後、すぐに訴訟である。カルバリー・チャペル・アソシエーソンの対応があまりにも甘く、遅すぎた。リーダー達の数が、数年前に比べると3割近く減ったように見受けられる。以下が現在のリーダー達である。
http://calvarychapelassociation.com/leadership-council/


関連記事
イマージング・チャーチ・ムーブメント
maranatha.exblog.jp/21917911/

カルバリーの戦い
maranatha.exblog.jp/21914834/

カルバリー・チャペルに激震
maranatha.exblog.jp/21903986



by maranatha | 2017-03-31 17:29 | カルバリー

試練と備えと祝福

試練の中にいる方へ、試練だと思って過ごすより、試練の意味を知って過ごすことが大切である。試練とは、人の心の中の奥に隠れたているものがなんであるかを調べるために試し、迫害や苦難によって人のこころを練ることを意味している。そして、試練を通して試し、練られた人には、備えと祝福が待っている。

聖書で最も有名な試練の個所は、創世記の22章である。「神はアブラハムを試練に会わせられた。」(1)試練の内容は「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。」(2)アブラハムの心の中にある隠れたものがなんであるか。それは「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」(12)である。神は、アブラハムがイサクを愛していることを知っておられる。イサクを愛することは悪いことではない。神はアブラハムのこころを知られた。それは、アブラハムが神を恐れていることである。この恐れは恐怖ではない。神を恐れ敬うこころである。そして、神のためにはなにものも惜しまないこころである。

イエスは教えられた。「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。また、わたしよりも、息子や娘を愛する者は、わたしにふさわし者ではありません。自分の十字架を負ってわたしについてこない者は、わたしにふさわしい者ではありません。自分のいのちを自分のものとした者はそれを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。」(マタイ10:37~39)聖書には父と母を敬えとある。父母を愛することは悪いことではない。むしろ、こころから愛することが大切である。しかし、イエスはそれ以上に人がイエスご自身を愛し敬うことを求めておられる。イエスの弟子にふさわしい心構えは、人が最も大切にしている父と母、息子と娘、自分のいのちに勝って、イエスに従ってくる人である。ここは愛の否定ではなく、愛の優先を教えているところである。自分のいのちさえ惜しまないでイエスに従ってくる者が永遠のいのちを得るとの教えである。

アブラハムは神が「わたしが、あなたを多くの国民の父とする」(創世16:5)と言われた選びの器である。神は、その選びにふさわしい人にするために、アブラハムを練られた。試練を通して、アブラハムが神を恐れることがわかった。それゆえ神は、イサクの代わりに、雄羊を備えられた。試練の後には備えがある。「アブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、『主の山の山の上には備えがある。』と言い伝えられている。」(創世22:14)アブラハムが「ひとり子を惜しまなかった」(16)ので、神はアブラハムを祝福(17、18)された。「あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」(18節)神はかつてアブラハムに言われた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み、全き者であれ。」(創世17:1)私たちはこのアブラハムの神を私たちの神として信仰生活を送っている。私たちもまた、アブラハムの子であるならばアブラハムの試練を経験する。それは、何を第一にするかの試練である。自分を第一にして生きるか。神を第一にして生きるか。神を第一にして生きるなら、何処にいても「アドナイ・イルエ」を経験する。そして、神はあなたを祝福される。

by maranatha | 2017-03-28 10:46 | 聖書

速報 「統一教会」の分裂劇

カルトは分裂を繰り返して弱体化していく。カリスマ的な人物が出て立てなおすこともある。地上天国を作ると言っていた統一教会は、教祖亡き後、文一族の相続争いで分裂し始めた。カルトの理想は実現されることはない。それは幻想である。

「統一教会が分裂、逮捕者も、桜田淳子の役どころ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00518849-shincho-soci

by maranatha | 2017-03-23 18:57 | 統一教会

ジョン・ラミレス来沖の広告に警告

沖縄北インター出ると、国道に出る手前の腰の高さ
位のフェンスに、大きなジョン・ラミレスの横断幕
が設置されていた。ところが、19日、その横断幕
は巻き取られて、以下の警告が貼られていた。最初
見たとき、よくこんな場所に張るものだと思った。
良いことと良いと思うことは違う。

       警告
この広告物の設置のある場所は国道の敷地内で
す。国道設置に個人がみだりに利用することは
できませんので、早急に撤去してください。
   (道路法第102条違反)
撤去命令に応じなければこちらにて撤去・処分
する場合が有ります。
     (道路法第71条)
この場合、費やした費用については請求する場合
もありますので、ご了承ください。尚、ご不明な
点がございましたら下記までで連絡ください。
平成29年3月17日
南部国道事務所 嘉手納国道出張所
電話941 〇〇〇〇(日曜祝祭日を除く8:30
~17:15迄)

関連記事
興味本位な参加は避ける


by maranatha | 2017-03-21 10:49 | 沖縄ベタニヤチャーチ

モルモン教会の啓示

書店で『信仰が人を殺すとき』(J・クラカワー/佐宗鈴夫 河出文庫)を購入した。最初のページを引用する。

「私たちは誠実、道徳、清廉を良きものであると信じています。しかし、それらを理由にして、圧政的な法律を制定し、私たちに自由な宗教活動を禁じれば、それを甘受することはできません。神は合衆国よりも偉大です。政府と神とが対立するとき、私たちは神の御旗のもとに結集し、政府に対抗するでしょう。・・・・一夫多妻制は神のしきたりです。それは神から直接言いわたされたものなのです。合衆国はそれを廃止することはできません。いかなる国家も、それを妨げることはできないし、この世のすべての国家がひとつにまとまっているわけではないのです。・・・・私は合衆国に屈服しません。神に従います。

末日聖徒イエス・キリスト教会、
大管長、預言者、聖見者、そして啓示者である、
ジョン・テイラー(一八八〇年一月四日)」

国家と宗教について論じている初めは、どのような宗教団体かわからないが、「一夫多妻」で末日聖徒イエス・キリスト教会(通称モルモン教会)だとわかる。しかし、この一夫多妻を今も「神から直接いいわたされたもの」として信じ続けて守っているのは、主流派の末日聖徒イエス・キリスト教会ではなく、彼らが関わりがないとしているモルモン原理派である。ジョン・テイラーが「国家も廃止することはできません。」と言い切っていることを、後にウィルフォード・ウッドラフ大管長が「一夫多妻の停止を決断し、啓示によるものとして宣言する。」(資料1)これでは、神の啓示を神の啓示で否定していることになる。創始者ジョセフ・スミスは「神により多妻を認められている」(資料1)としている。ジョン・テイラーの発言の歴史的背景(資料2)とウィルフォード・ウッドラフの歴史的な背景(資料1)も政治的・法的圧力を受けていることは同じであるが、結論は相違している。真理は不変の原則を結論に当てはめると、主流派の末日聖徒イエス・キリスト教会の方が分が悪い。私から見ると、どちらも聖書から逸脱した団体である。なぜなら、モルモン書を聖書と同等に神の啓示の書にしているからである。

資料1 https://ja.wikipedia.org/wiki/より引用
「末日聖徒イエス・キリスト教会
一夫多妻
創始者ジョセフ・スミスは、教義として、一部の指導者は神により多妻を認められているとし、教会員は一夫多妻を実施していた。これは当時の倫理感から一般市民の強い反発を招いた。その後合衆国にて一夫多妻を違法とし、一夫多妻者の移民を禁止する法律ならびに、一夫多妻を指導する宗教の財産を没収するという、モルモン教を対象とした法律(Edmunds-Tucker Act: エドモンド/タッカー令)等が成立すると、教会は信教の自由を根拠に裁判で争ったが敗訴し、破産の危機に陥った。当時の大管長、ウィルフォード・ウッドラフは、一夫多妻の停止を決断し、啓示によるものとして宣言する。この宣言は一部の信徒達の離反を招くことになり、一夫多妻を存続させるモルモン原理派が分派する原因となった。主流派である末日聖徒イエス・キリスト教会は現在一夫多妻制を実施しておらず、行う者は破門すると警告している。以上の経緯から現在一夫多妻を実施している集団は、モルモン主流派である末日聖徒イエス・キリスト教会とは団体的な関わりはないとされる。」

資料2 ジョン・テイラー発言の歴史的背景
http://www.ldschurch.jp/bc/content/Japan/gospel-library/manuals/teaching-of-prophets/of-the-church/john-taylor.pdfより部分引用
1868-1870年 ユタ郡の検認裁判所判事として働く(59-61)。
1877年8月29日 ブリガム・ヤングが死去。その後3年間,十二 使徒定員会会長としてジョン・テーラーが教会 を導く(68-71)。
1880年10月 大管長として支持される。副管長にはジョー ジ.Q・キャノンとジョセフ.F・スミスが召さ れた(71)。
1882年 合衆国議会がエドマンズ法案を可決。多妻結婚 が重罪となり,一夫多妻主義者が投票すること, 公職に就くこと,陪審員として奉仕することが 禁止された(73)。
1882年 ちゅうほしょくざい 「仲保と蹟罪」[TheMediatiOnandAtonement] を出版(73)。
1884年5月 ユタ州ローガン神殿を奉献する(75)。
1885年 カリフォルニア訪問中に,連邦政府官吏により 多妻結婚実施のかどで逮捕命令が出ていること を知る。l月27日にソルトレーク.シティーに戻 る。2月1日に公の場で最後の説教をした後,連 邦政府当局による教会への迫害が収まることを 望んで隠遁生活に入る(76)。
1887年7月25日 ユタ州ケイズビルのトーマス・ルーシュ宅で死 去。78歳。在任中に,教会員は15万人を超える に至った。

by maranatha | 2017-03-16 00:28 | モルモン

興味本位な参加は避ける

2017年4月5日、6日、8日、9日、山内昌良氏らが、ゆがふう教会にジョン・ラミレスを招いてセミナーを開く。招聘委員会の委員は、代表者が山内昌良氏(沖縄ベタニアチャーチ)、委員は細田光雄氏(沖縄ビクトリーチャーチ)、仲間ナオミ氏(グレース・アジア・インターナショナル・チャーチ)である。渡辺明日香氏がブログで「沖縄のウチの教会にピンポイントで来てくれる」とはしゃいでいる。

沖縄で超教派の大会や聖会が激減していたが、同類の大会やセミナーは開催されてきた。2014年7月のホームカミングin沖縄には後の雨系列の教会が全国から集まった。白い家フェローシップチャーチがもはや福音派ではないことを証明してくれた集会でもある。今回は「貧困ビジネス」に手を染めているのではないかと指摘されている牧師とその仲間が招聘委員である。これに「携挙」でお騒がせした渡辺明日香氏が応援しているのを見ると、このセミナーが胡散臭い集会であることがわかる。ゆがふう教会は子どもの貧困に取り組んだいる。このような子どもたちが集まる教会に元ブードゥー教の高位司祭を招いて、悪魔の策略を暴く集会を開くそうだ。子どもたちは参加しないだろうが、神経を疑う集会である。

ジョン・ラミレス沖縄2017・Facebookには、「偶像破壊」の過激な写真が掲載されていて、原理主義的なキリスト教集団と間違われるだろう。このような軽挙を慎んでほしい。そうでないと、興味本位で参加する人も同じように見られる。もし、私たちがある宗教集団が聖書や信仰書を燃やしている写真を掲載したらどんな気持ちになるだろうか。写真には明らかに宗派を特定できる仏壇が写っている。浅はかで敵愾心をあおる行為だ。

by maranatha | 2017-03-13 23:29 | 沖縄ベタニヤチャーチ

分かち合い

ケーキを切って分けるとき
じゃんけんで順番を決める
切った者は最後である
子どもたちが小さかった時の
これが我が家のルールである
子どもたちは切るのを喜んだ
次第に切るのを避けるようになった
お父さん
切って
私が最後になる
切る者は自分の利益を優先してはならない
これを教えるためにルールを作った
分かち合う
いま世界に必要なこと

by maranatha | 2017-03-07 12:01 | 宗教教育

愛を継ぐ

幼い頃
父は私の悪さを知って激怒した
母は殴られる私を身を持ってかばった
おまえが甘やかすからだ
父の怒りは母に向かい
母を殴った
私は心が痛んだ
私のために母が殴られているからだ
父の激しい気性に反発した思春期
ぐれてやろうかと思った
母を思うとそれはできない
反抗を読書と学びに向けた
母の愛が私を正した
そして生かされた
正義によって正されることがある
愛によっても人は正される
キリストの愛を深く知るため
母は身を持って犠牲の愛を教えてくれた
初めて愛を教えてくれた人
それは母である
私はその母の子である
愛を継ぐ子でありたい

by maranatha | 2017-03-07 11:36 | 宗教教育

正義を継ぐ

私の父は66歳で天に召された
私がキリストを信じる前に
私は父を憎んでいた
何を憎んだのか
激しい気性である
そんな父を
父の死後に何度も思い出しては
涙を流した
父が生きていたら
幸せを共有できたと思うからである
私は23歳まで父を憎んだ
もはや憎んではいない
私が信仰を持ったころ
父は先祖供養はしないのかと私に問うた
父が大切にしてきたことを受け継ぐこと
それが私の供養ですと告げた
それは何だ
それは正義です
父は黙った
その後供養については聞かなくなった
父は死に臨んで
私に葬りを任せてくれた
私は父に似ている
激しい気性ではない
正義感である
私は21歳でキリストを信じた
神学校に入学して以来
父と争ったことは一度もない
平和が続いた
そして父の死
父は晩年に
幸せだと言っていた
人生を振り返り
葛藤を乗り越えた心境である

by maranatha | 2017-03-07 11:01 | 宗教教育

記録

3月3日、鳴尾キリスト福音教会の牧師である山田晃美氏から京都教会へ、昨日のブログの「遍歴」の記事を削除してほしいとの申し入れがあった。私が記憶している限り、電話があったのははじめてである。この電話を私は直接に受け取ったわけではない。誹謗中傷とのことであるが、事実無根とは言っていない。削除依頼には応じられないと電話担当者に伝えた。

私は、山田氏に関する記事をずいぶん書いてきた。彼女はどの記事に対しても直接私に電話で抗議してくることはなかった。今回の記事が相当嫌なようだ。記事の文字数からするならば、小島武師の方が多いのである。何が誹謗中傷だろうか。統一教会に入信していたことは、私も同じで、プロフィールに書いているぐらいである。イエス・キリストを信じてアッセンブリーの教会に通うようになったことも同じである。そして、同じようにアッセンブリー教団の牧師になった。違っているのは、彼女はアッセンブリーから処分された。私はアッセンブリーにまだ所属している。
遍歴を書かれることがなぜ気になるのか。自分で書く遍歴は問題がなくて、他人から書かれる遍歴は問題なのか。嘘を書いているわけではない。私は彼女の経歴を書いているわけではない。遍歴を書いているのである。書かれたくない遍歴であれば、どのように思想的に克服したかを公にすれば、汚名にはならない。攻撃的であることは、誹謗中傷には当たらない。むしろ、攻撃された側の方が精神的ダメージを受けて長年苦しまれた。この方への心からの謝罪があれば、この方に関する文は削除に応じてよいと思っている。特定の人物に傾倒していたことを書かれたことが嫌なのか。傾倒された側こそ迷惑である。傾倒した人がまったく違う思想の人に傾倒することの方が迷惑である。なぜなら、自分の思想が否定されたからである。現在、傾倒している人物がいると書いたが、団体と名前は書かなかった。現在はよい気持ちであろうから、あえて良い気分を壊すことは控えた。晃美氏がどんな人物かをその人は見通していると私は思う。このような記事も彼女からは誹謗中傷と言うのだろうか。私に関するこのような記事は、山田氏の記事の中にもその他多くの記事の中にもある。そうしたら、山田晃美氏は私に対して誹謗中傷をしていることになるのだろうか。もしも、名誉棄損であると訴えてきたら、何が名誉を棄損しているのかを私は知ることができる。さんざん、人を傷つけてきていながら、自分が「傷つけられている」と思うのは自分勝手である。私には裁判の勝ち負けはなんでもない。私は事実を書きたいだけである。事実を知った人が関係をどうするかを判断してほしいからである。時に、人は自らが作った虚像と付き合うことがある。

by maranatha | 2017-03-03 21:25 | 山田博&晃美
宗教問題