人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2018年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

聖なる法か 世俗の法か 2

一般社会では、不当解雇にあった人が地位保全の裁判をして、不当な処分によって失った地位の回復と利益を取り戻すために損害賠償を請求することがある。Tさんは教会の中で何ができるか。客員決定の日時と理由を、牧師の話ではなく、役員会議事録にどのような理由で客員となったかを確認するために閲覧請求ができる。教会員であっても、外国人教会の教会員であっても、同じ宗教法人の下で教会員である。それを拒むなら、閲覧請求のために裁判所に提訴できる。役員会議事録に明確な理由なしに客員となっていた場合は、不当とみなし、教会員に復帰する提案を教会に提出することができる。もし、役員会議事録を閲覧して、教会員から客員になった記述がない場合は、教会はTさんに対して謝罪と教会員に対して公の場で謝罪をしなければならない。今後、二度と同じことが起きないように気を付け、再発防止策を講じなければならない。この場合、一般社会における不当解雇による賃金未払い分を損害請求するように、教会に対して損害賠償を請求することはできない。そこに賃金の損害が発生していないからである。被ったのは精神的なダメージである。何の知らせもなく、一方的に教会員から客員に籍を移動され、教会員の当然の権利(閲覧請求)を奪われた。権利の侵害である。となれば、民事で精神的な慰謝料請求の道も開けてくる。教会を正すために法の力を借りることは避けがちであるが、自浄作用がなければ裁判も視野に入れる必要がある。
by maranatha | 2018-02-28 22:10 | 聖書と法

聖なる法か 世俗の法か 1

TさんはS教会で洗礼を受け、教会員となった。ところが、TさんがS教会に対して閲覧請求をしたとき、S教会は、あなたは客員だから閲覧請求はできない、と言って拒んだ。TさんはS教会の礼拝に出席を続けてきた。それでも、いつ客員になったかを聞かされていなかった。客員になった年月日を問うがはっきりしない。Tさんはどこの教会からの客員かと聞くと、S教会の宗教法人の下にある外国人教会からの客員であると言う。Tさんは、外国人教会から私たちの教会員ですと言われたことはない。S教会と外国人教会の間では話し合いはなく、文書による通知もない。もし、個人の籍が勝手に他に移っていたら大変な問題である。ところがS教会では重大な問題であるとの認識がない。



by maranatha | 2018-02-28 22:08 | 聖書と法

どう判断するか

ユダヤ教の超正統派は、イスラエル国家の正当性を認めていない。彼らは、現在のイスラエル共和国は聖書に基づく国家ではなく、世俗国家とみている。ところが、キリスト教シオニズムの人々は、この世俗国家を「イスラエルを祝福するものは祝福される」と言って支持している。「イスラエル」を定義していないことに危うさを覚える。キリスト教シオニズムの人々は神殿再建を望んでいる。それは神殿での動物犠牲の再開につながる出来事であって、イエスの十字架で罪は贖われたと教えるキリスト教の立場を否定することを支持することになる。一つのことで支持するのではなく、支持できないことと関連していることには慎重さが必要である。
by maranatha | 2018-02-28 20:29 | 親イスラエル

「聖書用語検索」を用いて学ぶ 2

ヨーロッパ伝道は16章11節から28章までである。これを特徴づける聖書用語は「論じた」は5節(17:2、17:17、18:19、19:9、24:25)ある。「論じ」は11節(9:29、17:2、17:17、17:18、18:4、18:19、19:8、19:9、23:9、24:25、28:29)ある。パウロは、アテネで「広場で毎日そこに居合わせた人たちと論じた」(17::17)とあるが、人々の集まる所に行って論じた。パウロはユダヤ人とギリシャ人の違いを宣べている。「ユダヤ人はしるしを要求し、ギリシャ人は知恵を追及します。」(1コリント1:22)私たちは日本人が何を要求し、何を追及する民なのかを理解した上で宣教に取り組まなければならない。私はしるしと知恵の両方を求めている民だと思っている。それで、私は使徒の働きの全体を学び、人によって使い分けている。
by maranatha | 2018-02-28 19:07 | 聖書

「聖書用語検索」を用いて学ぶ 1

http://www.tuins.ac.jp/~takao/biblesearch.html より

「聖書用語検索」を用いて、使徒の働きの中でエルサレムから始まってトロアスに至るまでの伝道とヨーロッパに入ってから以降の伝道の特徴となる聖書用語を検索してみた。弟子たちは、エルサレムでの迫害化の中で、「御手を伸ばしていやしを行なわせ、あなたの聖なるしもべイエスの御名によって、しるしと不思議なわざを行なわせてください。」(使徒4:30)と祈った。主はその祈りにこたえて、弟子たちを通して、しるしと不思議を行なわれた。この聖書用語はアジア伝道の1章から16章10節までを特徴づける聖書用語である。「しるしと不思議」で検索すると4節(4:30、5:12、14:3、15:12)ある。「しるし」で検索すると12節(2:19、2:22、2:43、4:16、4:30、5:12、6:8、7:36、8:6、8:13、14:3、15:12)ある。「不思議」で検索すると9節(2:19、2:22、2:43、4:30、5:12、6:8、7:36、14:3、15:12)ある。

by maranatha | 2018-02-28 18:58 | 聖書

取税人マタイ

マタイの召命記事をマタイの福音書(以下マタイ)とルカの福音書(以下ルカ)で比較すると興味深い。彼は収税所に座っていた。イエスは彼をご覧になり、「わたしについて来なさい。」(マタイ9:9)と言われ、彼はついていった。「イエスが家で食事の席に着いておられるとき」(マタイ9:10)とはどこの家だろうか。ルカには「レビは自分の家で」(5:29)とある。その家に招かれた人たちは「取税人と罪人」(マタイ9:10)である。ルカでは「取税人たちや、ほかにおおぜいの人たち」とある。マタイは「取税人たち」、仲間を複数招いたわけである。「ほかにおおぜいがの人たち」の中に「罪人」が含まれている。当時のパリサイ人たちからさげすまれていた。彼らの家に訪れるのは同じ罪人と言われる人々で、イエスのような方が訪ねることはまずないことである。イエスが取税人のかしらのザアカイの家に泊まることにしているからと語りかけられたとき、彼の喜びはひとしおであった。その喜びは「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」(ルカ19:8)に表れている。マタイはどうだろうか。彼は「イエスのために大ぶるまいをした。」(ルカ5:29)食事に集ったのはイエスだけではない。「取税人や罪人が大ぜい」(マタイ9:10)である。ここにマタイの喜びが表れている。彼は自分だけではなく、自分と同じ罪人と言われる人々とイエスの食事の場を設けて、イエスの話を聞く機会を提供した。マタイは食物を分かち合い、イエスの言葉を聞く機会を分かち合った。

ルカの福音書にイエスのたとえがある。「取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。『神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。』あなたがたに言うが、この人が、義と認められて家に帰りました。」(ルカ18:13,14)これはたとえであるが、イエスの身近であった出来事のように思われる。

by maranatha | 2018-02-27 18:37 | 聖書

嘘のペルー旅行

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by maranatha | 2018-02-24 08:52 | レインボーヒーリングハワイ

ビリー・グラハム師死去

ビリー・グラハム師が2月21日に死去した。そのことが各誌で取り上げられている。改めて、ブログを読んで、グラハム師のいろいろな面を知っていただきたい。


by maranatha | 2018-02-22 22:09 | ビリー・グラハム

宣教 2

使徒の働きの構造についてはすでに述べた。この使徒の働きを人物で別けると、ペテロとパウロを中心として別けることができる。「それは、ペテロにみわざをなして、割礼をうけた者たちへの使徒となさった方が、私にもみわざをなして、異邦人への使徒としてくださったのです。」(ガラテヤ2:8)というパウロの言葉によっても伺われる。ペテロはヨハネを同道した。パウロは、初めはバルナバ、それからテモテやテトスを同道した。シラスやルカなどもそうである。ペテロは二人で行動し、パウロはグループで行動している。宣教は複数が効果的である。

異邦人伝道はパウロによって始められたわけではない。ペテロの説教でカイザリヤではコルネリオと親族や親しい友人たちが救われている。このことはエルサレム会議で異邦人が信仰によって救われることを認める大きな要因となっている。異邦人伝道のセンター的な役割を果たすようになったアンテオケ教会の始まりは、名もないキプロス人とクレネ人がアンテオケに来てからギリシャ人にも語りかけたことがきっかけである。そのアンテオケにバルナバ、それからサウロ(後パウロ)が加えられている。しかし、異邦人伝道はイエスによって「あの人はわたしの名を、異邦人、王たち、イスラエルの子孫の前に運ぶ、わたしの選びの器です。」(使徒9:15)と召し出されたパウロである。その働きはアンテオケの指導的な人々が「断食と祈りをして、ふたりの上に手を置いてから、送り出した。」(13:3)ことから始まる。大切なことは、異邦人伝道が個人の働きではなく、教会の働きとして承認されていることである。宣教は個人のわざではなく、教会の業である。

by maranatha | 2018-02-20 09:30 | 教会

宣教

「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)この聖句は宣教の地理的な展開をまとめている。3区分に分けることができる。第1区分はエルサレムである。1章3節から7章60節、第2区分はユダヤとサマリヤの全土である。「エルサレムの教会に対する激しい迫害が起こり、使徒たち以外の者はみな、ユダヤとサマリヤの諸地方に散らされた。」(8:2)から始まり、11章18節までが区切りである。第3区分は地の果てにまでである。「ステパノのことから起こった迫害によって散らされた人々は、フェニキヤ、キプロス、アンテオケまでも進んでいったが、ユダヤ人以外の者にはだれにもみことばを語らなかった。ところが、その中にキプロス人とクレネ人が幾人かいて、アンテオケに来てからはギリス人にも語りかけ、主イエスのことを宣べ伝えた。」(11:19,20)から始まり、最後の章まで続く。

宣教の展開の中での第1の共通項は「迫害」である。弟子たちは、イエスから「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、わたしが命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。」(マタイ28:19)を聞いていたが、すぐには取りかからなかった。まず、イエスから命じられた「父の約束を待ちなさい」(使徒1:4)に取り組んだ。その結果、宣教の第2の共通項である「聖霊の満たし」が第1区分のエルサレムで起きる。2章にあるように五旬節に「聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことがで話しだした。」(使徒2:4)と同時に、「聖霊があなたがたに臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。」(使徒1:8)の約束の成就である。弟子たちはエルサレムでイエスはメシアであると宣教を始めた。エルサレムの指導者たちは「これ以上民の間に広がらないために、今後だれにもこの名によって語ってはならないと、彼らをきびしく戒めよう」(4:17)と決議し、「『いっさいイエスの名によって語ったり教えたりしてはならない』と命じた。」(4:18)使徒たちはこの命令に従わず、イエスを宣べ伝えたので迫害が起きた。ペテロのエルサレムの指導者たちへの反論を見てみよう。「聖霊に満たされ、彼らに言った。・・・・」(4:8~12)「私たちは自分の見たこと、また聞いたことを話さないわけにはいきません。」(4:20)迫害はイエスがメイアであるという宣教の結果招いたことであるが、使徒たちは聖霊に満たされて、いよいよエルサレムでイエスの教えを言い広めた。

3区分できる宣教の展開の中での第2の共通項は「聖霊の満たし」である。まず、第1区分のエルサレムで「聖霊に満たされ」次に第2区分のサマリヤで「彼らは聖霊を受けた。」(8:17)とあり、更に、カイザリアでイタリア隊の者たちが「聖霊がお下りになった。」(10:44)第3区分ではパウロの第1伝道旅行で「弟子たちは喜びと聖霊に満たされていた。」(13:52)第2伝道旅行エペソで「聖霊が彼らの上に臨まれ、彼らは異言を語ったり預言をしたりした。」(19:6)イエスの宣教の担い手は弟子たちであるが、聖霊こそが教会を用いて宣教を進められる主体である。

by maranatha | 2018-02-19 22:15 | 教会
宗教問題