人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2019年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

故郷

故郷では野イチゴの白い花が咲き乱れ、ミツバチが飛び交い、ヤブツバキにはヒヨドリやメジロが蜜を求めて飛び交っている。コブシの花、ボケの花、アケビの花、レンギョウ、梅、山桜等々が咲き乱れている。ふかふかの山道を散歩した。5代前の先祖が住んでいたあたりを歩いていたら、水が染み出る小さな池を見つけた。アカハラが生息できる環境である。野道に出て、山を見渡し、沢筋と地下水脈に思いをめぐらした。どれくらい昔から先祖が住み着いたか分からないが、この辺りは、日本列島に人が住み始めた3万年ごろから人が住んでいる。縄文時代、弥生時代、古墳時代・・・長く人が住み続けてきた。父方と母方の家は沢筋に近い上に家を構えているので、その古さが立地で分かる。小山山は190mで山の等高線100mぐらいから水がよく出るようで、その上には沢があっても家はない。これで山の地層とその傾きがわかる。山の南西斜面には良い赤土が出るので奈良時代の国分寺の瓦がこの地で焼かれている。子供の頃、近所には瓦を造っておられる家があった。赤土で土面を作って遊んだのは土地柄である。
by maranatha | 2019-03-23 18:00 | 故郷

熊本に疎開

昭和10年生まれの叔母から、沖縄から熊本に疎開してこられた方々のことを聞いた。昭和19年、20年の思い出である。同級生の喜友名さんと学校に一緒に行った。大人の嘉手納さんは役者さんだった。上原さんという方もおられた。寺から近かったので、もらい湯に来られた。農作業を手伝いに来られた。たばこの葉を分けてくださいと言ってこられ、手巻きで吸っておられた。山の湧水で、からいもから焼酎を作っておられた。冬の麦踏はきつかった。熊本市東区の梅谷寺に疎開しておられた方々は大人子ども合わせて10人ぐらいだった。戸島のお寺にも疎開しておられた。何人ぐらいかは知らない。沖縄と熊本の80代以上に人々と話していると、熊本のいたるところのお寺が疎開先になっていたことが分かった。テレビ局や新聞社は、疎開された方々からの聞き取りをする年月は限られているので、記録として残す必要があるのではないか。
by maranatha | 2019-03-23 12:42 | 歴史

西高瀬川にヌートリア

西高瀬川でヌートリアを見かけた。御前花屋町交差点を上がったところに橋がある。その橋から川沿に西に歩いて50m程のところで見かけた。じっと見ていると、草の茂みに隠れてしまった。鴨川にいることは知っていたが、こんなところにいるとは驚いた。数日後、どこにねぐらがあるか探してみた。草がなぎ倒されているところをたどってみると、何っと、厚いコンクリート擁壁の一角に穴があった。どうやら、そこから出入りしているようだ。この川にはシラサギ、カモ、セキレイ、等がよくやってくる。魚は水深が浅いのであまりいない。先ほどの橋下あたりだけには深いところがあるので魚がいる。
by maranatha | 2019-03-23 12:09 | 京都

タヌキのねぐら

母と墓地に行った。墓地にはまだ熊本震災の傷跡が残っている。新しく建て直した墓、補修した墓、壊れたままの墓が混じっている。最近墓に来た時、壊れたままの墓の中からタヌキが出てきて驚いた、と母が話してくれた。いくつかねぐらになりそうな墓がある。
by maranatha | 2019-03-23 11:47 | 故郷

脱会届は有効である

脱会届を受け付けいない、と言う宗教団体がある。入会する。退会することを宗教団体が内規で縛ることは、それを受け入れざるを得ない人にとっては、拘束力がある。しかし、退会(もしくは脱会)を望む人が、内容証明で退会(もしくは脱会)届を提出した時点で、それは効力があるので心配することはない。退会(もしくは脱会)届を提出した後、献金請求があっても無視してよい。献金は個人の自由意志でするもので、退会(もしくは脱会)後まで、望まないのにする必要はない。宗教団体の規則や内規を十分知らされていない中で、一方的にいろいろ押し付けられる場合、むやみに受け入れる必要はない。宗教団体が信者の知らないことに付け込んだ不当な要求をしている場合があるからである。退会届を出す場合、所属する団体と関係を切りたい場合に用いる。脱会届は宗教団体と関係を切ったことを後日に証明を必要と思われる場合、内容証明で提出する。私はこのことをカルトもしくはカルト化した団体との関係を切りたい人に提案している。
by maranatha | 2019-03-19 09:08 | カルト

脱会届

脱会届はどのように書くか問い合わせがあった。内容証明の用紙に、
以下のように書けば十分である。脱会届は相手の了解を取る必要はない。
こちら側からの一方的な通知だけである。これはカルトを脱会するときや、
カルト化した教会を奪回するときに、内容証明で出せばよい。あて名は
指導者や牧師ではなく、責任役員会宛である。強く感じられるかもしれないが
これくらいを書いて、提出後の迷惑行為を避ける必要がある。

                       2019年〇月〇日
〇〇市〇〇町〇丁目〇ー〇
〇〇キリスト教会
役員会御中
                   〇〇市〇〇町〇丁目〇ー〇
                   名前      ㊞

          脱会届

私は〇月〇日をもって、〇〇キリスト教会を脱会致します。
今後、電話、訪問、手紙、メール等による連絡をお断りします。
もし、申し入れを無視される場合、迷惑行為として警察に通報します。
それでも迷惑行為を続けられる場合、弁護士を通して法的に対処します。


by maranatha | 2019-03-17 22:05 | カルト

自由を制約する誓約書は無効

ブログに「誓約書は無効」をアップした。このようなケースがほかにないかと検索した。やや日刊カルト新聞が幸福の科学が信者の自由な退会を阻害していると報じている。退会は教団側が用意したものに書かなければ成立しないわけではない。相手に都合の良いい退会届ではなく、脱会届を自分で内容証明で提出すれば、一方的に教団との関係を切ることができる。

参照:やや日刊カルト新聞
http://dailycult.blogspot.com/2016/09/blog-post_21.html

by maranatha | 2019-03-15 19:35 | カルト

誓約書は無効

ある教会が、教会規則とは別に、牧師に忠誠を使わせる誓約書を書かせていた。誓約書は教会側からの一方的なものである。その誓約書は有効だろうか。もし、誓約書に献金の徹底、礼拝出席に厳守、奉仕への積極的な参加が記入されてあれば、教会員は心理的に誓約を守らなければならないと思うことだろう。ここには心理的な拘束力が働いている。誓約書は教会側が保存することになる。記入した教会員が持つことはない。これに対して契約書は双方が話し合い、納得したことを文書化して、双方が署名押印して、お互いが1通の文書を受け取る。このような契約書を作る教会はないと思う。

さて、誓約書は有効だろうか。牧師に忠誠を誓わせることで、権威主義的な教会だとわかる。教会とは牧師に忠誠を誓うところではない。教会規則は、その教会が所属する教団に一部提出されるわけであるから牧師への忠誠が書き込まれている段階で、教団にチェックされて承認されない。そのようなことを知らない教会員に対して、精神的に隷属させる誓約書を守る必要はない。守らなくても法律違反にはならないが、この教会からと言うよりは牧師から、追放されることは間違いない。追放されるくらいなら、脱会届を書いて提出したほうが良い。間違った教会運営をする教会から追放されるより、間違いに気づいた者として、こちらから脱会したほうが精神的なダメージは少ない。

by maranatha | 2019-03-15 19:11 | 教会

去勢牛の聖書歴史

ヤコブがエサウと和解するために贈り物をするところがある。その贈り物たるや大変なものである。その中に「雄牛十頭」(創世記32:15)とあるが、これは聖書の中に出て来る最初の去勢牛である。紀元前17世紀ごろと思われる。なぜ、去勢するのか。それは肉質をやらかくするため、おとなしく育てやすいようにするためである。日本での牛への去勢はいつ頃か明確ではない。平安時代に去勢がなかったことは平安絵巻で知ることができる。
by maranatha | 2019-03-13 09:20 | 聖書

肝試しを取り下げる

あるキリスト教系の保育園で、夏に肝試しが行われていた。私はそれを知り、それはキリスト教教育にふさわしくないと申し上げた。その年から、その園では肝試しがなくなった。なぜキリスト教教育にふさわしくないか。愛育の実践の場であるのに、恐怖心を増す恐育をしているからである。子どもに架空の恐怖と実際の恐怖を混同するような取り組みをすべきではない。
by maranatha | 2019-03-13 08:48 | 宗教教育
宗教問題