人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2019年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「村上密」を創作 2

「村上密」が一人歩きをしている。色々な所で、尾ひれがついて、本人とかけ離れた「村上密」が創作されている。下記の引用は、創作した「村上密」と現実の村上密を組み合わせて、9年間も執拗に攻撃を続けているヴィオロンのブログの一部である。9年前に彼女に関する記事を「村上密ブログ」に2つ掲載した。そのことがきっかけで延々と村上を攻撃する記事を書き続けている。私と彼女の共通点は粘液気質である。違うところは、私の記事は短いが、彼女の記事はとても長い。裁判の準備書面でわかったが、文書が長いと訂正が多いことになる。彼女が証拠として提出した文書は大変多かった。裁判官と被告たちを長時間、文書にくぎ付けする役割を果たした。けれども、反論には時間を取らなかった。

http://godslove.cocolog-nifty.com/blog/.より引用
「村上密は、鳴尾教会との裁判に敗れてから、若い後継牧師(長澤牧師)に道を譲ると言って60代で引退したが(アッセンブリー教団の平均的な退職年齢は80代であると村上自身が書いていることを見ても、これがいかに不本意な早期の引退であったかは分かるだろう)、それにも関わらず、信徒総会の決定によらずに、後継牧師を勝手な理由で退けて、自分の妻(恵子)を主任牧師に据え、今も息子を牧師として奉職させている。」

ヴィオロンが事実ではないことを書いている。私は「60代で引退」をしていない。59歳で主任牧師を後任に譲ったが、今も現職の牧師である。「不本意な早期の引退であった」と書いてあるが、不本意なのは「早期」だからではなく、他に専念したい奉仕があったのでもっと早く譲りたかったからである。「村上密は、鳴尾教会との裁判に敗れてから」とあるが、被告と原告になったことはない。アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の人事は各個教会の「信徒総会の決定」ではなく、理事会で決まる。主任牧師を決めるのも理事会である。「息子を牧師」ではなく、教団の人事で伝道師である。彼女は断片的は事実を使って創作している。これは作り話であると断って書けば、読者は割り引いて読む。しかし、彼女は自分が書いたものが真実だと思っている。事実の断片と創作で真実に行きつくことはない。ここまで不正確だと、調べないで書いていることがよくわかる。

by maranatha | 2019-04-13 23:02 | 心理

長崎猫

ANA機内誌『翼の王国』に、長崎猫の記事があった。この猫は、尻尾が短く、尾の骨が曲がっている。小さい頃、田舎(熊本市郊外)の猫はほとんどがこの猫だった。長崎猫と言う呼び名は聞いたことがない。初めて東京に行ったとき、しっぽの長い猫だらけで驚いた。その頃、なぜ違うのか調べてみた。一説には、昔、しっぽの長い猫は京の貴族が渡来した猫を飼っていて、そこから広がっていった、という説である。と言うことは、短い尻尾の猫が古くからいると言うことである。ところが、機内誌には、「長崎猫のルーツはオランダ東インド会社のアジア支店があったインドネシアのジャカルタだと仮説を唱えている。と言うことは、尻尾の長い猫が古くからいると言うことになる。結論は保留にして、猫のルーツを調べる旅をこれからも続けることにする。旧石器時代、縄文時代の猫はすでに調べている。家猫のルーツがいまいちわからない。
by maranatha | 2019-04-10 23:53 | 動物

喜多方市内の教会付属幼稚園で「おさる」呼ばわり

喜多方市内の教会付属幼稚園で恐怖の虐待のタイトルでブログに下記のように記事を書いた。
「喜多方市内のある教会付属幼稚園では、園児のしつけのために、教会の屋根裏部屋が「魔女の部屋」と称して長い間利用されてきた。認定こども園であるため、園児への恐怖の虐待を喜多方市役所の担当部署に訴えたが、何の処分もない。教会付属幼稚園で「魔女の部屋」を使う保育士も保育士だが、それを知って注意もしなかった牧師兼園長も園長である。」

これを読んだ読者が、今度は、同じ園で騒がしい園児に対して「おさる」呼ばわりしていると情報提供があった。反省のないまま園の運営が行われている証拠である。



by maranatha | 2019-04-10 19:29 | 虐待

秘密

口の秘密はおさえがたい。内緒と言いながら、話したがる。
心の秘密は耐えがたい。秘めておけば、心をむしばむ。
口の秘密は出口を求めて身近な人の耳に。
心の秘密の出口はなかなか見つからない。

by maranatha | 2019-04-09 10:29 | 心理

カラス 風と遊ぶ

昨晩は、京都は寒かった。朝、羽田から見る富士山は真っ白だ。こちらも随分と冷え込んだのだろう。見える部分すべてが雪に覆われている。

数日前、京都は晴れだった。西からの風が心地よく、近くの桜を見に行った。桜の花びらが、風に吹かれていた。空を見上げると、カラスが飛び交っている。ビルの屋上と離れたビルの屋上を行ったり来たりしている。羽を動かさないで飛んだりもしている。それから、西からビルに吹き付ける風が上昇するのをうまくつかんで空中で停止している。二羽のカラスが追いかけっこをしている。カラスが風と遊ぶことは知ってたが、身近で見たことはなかった。桜の見に行ったのに、カラスの遊びを四半時も眺めていた。この日はカラス日和だった。

by maranatha | 2019-04-09 10:17 | 動物

「村上密」を創作

「村上密」がひとり歩きをしている。常識を越える発想で創作された「村上密」に対して反論を書くことにした。下記の引用はヴィオロンで、反論は村上密である。

引用:私ではなくキリスト東洋からの風の便り(2016年4月11日)より
http://godslove.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-b30f.html

引用:1.悪魔の見果てぬ夢としての「カルト監視機構」
~自らに与えられた権限の範囲を超えて、全キリスト教会と宗教界に君臨してこれに干渉し支配することを願う村上密牧師~

反論:これは私を悪魔と言っているに等しい表現である。「権限を超える」は「権限を越える」である。

引用:村上氏がカルト監視機構におそらくは最初からプロテスタントのキリスト教界のみならず、全宗教界を監視する役割を持たせようとしていたためだと考えられる。すなわち、同氏はカルト監視機構というアイディアによって最初から、あらゆる宗教の枠組みを超えて、全ての宗教を上から監視し、抑圧することのできる強大な抑圧機関の創設という構想を持っていたのである。

反論:カルト監視機構は存在しない。「と考えられる」はヴィオロンの考えである。そして「という構想を持っていたのである」もヴィオロンの考えである。「枠組みを超えて」は「枠組みを越えて」である。

引用:村上密氏が思い描く発想は、決して聖書から出て来たものではなく、むしろ、聖書の秩序を否定する悪魔的な発想だと言って差し支えない。

反論:ヴィオロンは、「村上氏が思い描く発想は」を自分自身で描き、自分自身で作り上げた「悪魔的な発想」を自分自身で否定している。これは私の発想ではなく、ヴィオロンの発想である。これをマッチポンプと言う。

引用:村上氏は、カルト監視機構が悪用されれば、これまで宗教権力が悪用されて起きて来た最も恥ずべき歴史である「魔女狩り」や「異端審問」よりも、さらにもっと恐ろしい抑圧行為が容易に繰り返されかねない危険について、全く何の考慮もしておらず、一切沈黙を守っているが、これは極めて恐ろしいことである。

反論:カルト監視機構は存在していない。存在していないのに「悪用されれば」の想定のもとに「最も恥ずべき歴史・・・よりも、さらに恐ろしい抑圧行為が容易に繰り返されかねない」とさらに想定を重ねている。誤謬と言うのは、誤った因果関係、意味の操作、見当違い、類推、単純化、誇張によって作られる。

引用:実際に、村上密氏がインターネット上に作り上げた「サイバーカルト監視機構」とでも呼ぶべきネットワークによる教会監視活動がどれほどの暴走を見せたかについては、別に述べる。

反論:「実際に」と言っているが実際には存在しない。「村上氏がインターネット上に作り上げた『サイバーカルト監視機構』」とは、彼女が作り上げた「サイバーカルト監視機構」である。ないものをあるように書き続ける想像力は、常識を超えている。

引用:村上氏は、自分は善良で無力な一人の牧師に過ぎず、大それたことなどできるはずがないと印象づけることで、自分が全宗教界に君臨してこれを抑圧することのできる機関を作り、その強大な権力機関の頂点に立つという、どんなキリスト教
の牧師も心に抱いていないような並外れた計画と野望を心に抱いていることの恐ろしさを人には悟られまいとしているだけである。「常識を超え」は「常識を越え」とも書く。

反論:彼女の作り上げた「村上」は想像の産物であり、実在する村上に程遠い存在である。どうしたら、このような空想話が作れるのか驚きである。ファンタジー小説の中の悪の権化のように「村上」を作り上げている。


by maranatha | 2019-04-05 08:00 | 心理

サイバーカルト監視機構は実在しない

ヴィオロンのブログには度々「サイバーカルト監視機構」と言う用語が出て来る。彼女は平成30年5月25日付けの訴状の中で、「原告は、サイバーカルト監視機構という組織が実在しているなどと述べたことは一度もない。」(P94)と述べている。実在しない組織をなぜ書き続けるのか。彼女の弁明は「原告は、被告Aのブログを通して原告のブログに対する集中的な攻撃が行われていることは明白であるため、便宜上、こうした嫌がらせを行う集団を総称して『サイバーカルト監視機構』と呼ぶことにしただけである。・・・こうしたネット上の嫌がらせは、被告AおよびBが中心になって組織したものに違いないと推測しているのである。」(P94)と述べている。実在と「推測」は同じではない。原告は推測で被告Aと被告Bの共同不法行為を民事で訴えた。判決書では「被告村上のブログの掲載に関し、被告杉本との共同不法行為は認めることはできない。」と書いてある。

サイバーカルト監視機構は、実在しない架空の団体で、彼女の「創作」だと言うことが、個人の主張と裁判官の判断で明らかになった。「実在しているなどと述べたことは一度もない」は、「サイバーカルト監視機構」の用語をブログに最初に使用するときに、読者が間違わないように説明すべきことである。架空の団体には架空の「親衛隊」や「工作員」が登場して、実名で村上が登場する。このブログは、わかっている人にではなく、実在していると思い込んでいる人へ、誤解のないようにとの説明である。


by maranatha | 2019-04-04 18:23 | カルト

控訴

今日、平成30年(ワ)第1955号の原告から、横浜地裁に控訴状が提出されたことを確認した。判決は確定ではなくなった。高裁で争うことになった。

ヴィオロンについてブログで書き始めたが、2つの理由がある。
1、判決書に「被告村上のブログを通じて原告のプライバシー、名誉棄損及び名誉棄損感情を侵害したとは認められない」とある。彼女はブログの削除を要求しているが、それは認められていない。よって、裁判の経過をいくらか読者に知っていただくことが、ヴィオロンの記事に対する判断材料になると考えた。
2、長い間、ヴィオロンについてブログに書くことはなかった。その間、彼女はいささか感情的に、そして、一方的に私のことについて書き続けてきた。裁判を一つの区切りとして、いささか反論を、と考えた。

すでに、裁判について、私は簡潔明瞭に書いているが、彼女は中傷を交えて長々と書いている。お互いによく性格が出ている。

by maranatha | 2019-04-04 16:55 | 裁判

完全勝訴

昨年、横浜地裁から文書が届いたとき、横浜地裁から京都地裁への移送申し立てをした。しかし、認められなかった。ところが、横浜地裁から電話会議でとの連絡があり、交通費を払う必要もなくなった。判決では、裁判費用は、原告5分の3、被告A5分の3、被告Bである私はなし。原告は被告AとBに対して200万円の損害賠償請求をした。一人当たり100万円である。原告の損害賠償請求が満額が認められたわけではない。その5分の3が認められたに過ぎない。私に対しては原告が敗訴したので、彼女自身が裁判費用を払うことになった。私が裁判で使った費用は切手代だけである。私は完全勝訴なので、控訴の利益がないので控訴できない。原告が判決を不服として控訴する可能性はある。
by maranatha | 2019-04-04 00:17 | 裁判

沖縄の空

泊港の近くにペリー来航記念碑がある。ここは外人墓地でもある。すぐ近くに知り合いの家がある。そこを訪ねるときに、時間調整のために、この墓地によく来た。ペリーに関する書物も読むようになった。沖縄は地政学上重要な島であることを教えられた。私は地理、地質、地誌、地政学に興味がある。気象にも関心がある。沖縄で空をじっと見ている人がいたら、それは私かもしれない。
by maranatha | 2019-04-03 09:59 | 沖縄
宗教問題