人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2019年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

泊港

泊港は私が最も見かける港である。興味深く、出港、入港する船を眺めることがある。月夜の満潮の時が一番感動する。潮が港内に満ち満ちているからである。見てる側の私の心をも満たしてくれる。力が漲るような感じがするのである。一度、満ち潮が台風と重なり高潮となった。潮が港内に溢れた。沖縄の台風は凄まじい。港内に停泊した船は四方八方から綱を繋ぎ止められている。船が上下しているのを見て、船を守る綱の力に、あの一本の綱のような役割でもできればと考えさせられた。港は港でしかないが港以上の役割も果たしている。
by maranatha | 2019-04-03 09:46 | 沖縄

ひとりでもできる裁判

民事訴訟の被告になった場合は、原告と比べて、準備に不足が生じる。加えて、専門家でない限り、裁判には不案内である。原告には証明責任があり、証拠となる文書と証拠となる証人をもって証明しなければならない。被告は、その準備書面を見て、訴訟内容が身に覚えがない場合は、内容に対して否認すればよい。原告が証明できなければ、原告は勝訴できない。原告の準備書面が相当量で、被告が反論に相当量の準備書面が必ずしも必要ではない。原告には証拠となるものが、裁判官にも証拠と認定できるものでない限り、証拠とならない。実際になかったものをあるかのように主張する場合、それは「思う」であり、事実ではない。「かもしれない」「と思われる」「ではないか」「と判断できる」このような発言は、証拠ではなく、主張である。それは原告がどのようの思っているかであって、事実や真実の証明にはならない。そのような原告の準備書面の内容であれば、被告の準備書面が数枚であっても何ら不利ではない。否認すればよい。

私は長い間、宗教問題を扱ってきた。私自身が裁判を起こしたことはない。また宗教問題で訴えられたこともない。昨年、初めて民事で訴えられ、被告となった。初めての事であり、弁護士事務所に準備書面を持参して相談した。しかし、弁護士から自分でするようにすすめられた。それで、初めての裁判を自分で取り組むことになった。以前に購入した『ひとりでもできる裁判と訴訟手続き』(松田啓 日本実業出版社)を参考にした。原告は敗訴した。

by maranatha | 2019-04-03 09:14 | 裁判

ファン申請

ある方からファン申請が届いた。ある方が誰か、申請だけではわからないので、このブログで「却下」をお伝えする。未公開をファン申請にしたが、誰にでも「承諾」するわけではない。宗教トラブル相談センターに相談しておられる方、カルト情報を提供しておられる方であれば、メールでも依頼を、確認次第「承諾」で応じることにする。
by maranatha | 2019-04-02 22:21 | ブログ

判決

私は、「ヴィオロン」について過去に2つの記事をブログに掲載した。彼女はそれに対して私に関することをブログに書き続けている。昨年、彼女から民事で訴えられた。その結果が出たので、私の関することを、下記に記す。

「平成30年(ワ)第1955号 インターネットを介した嫌がらせに対する損害賠償等請求事件」は平成30年12月27日に口頭弁論が終結した。平成31年3月27日に判決が言い渡された。原告は**。被告村上密、他1名。主文に村上密の名前はない。よって、原告が請求したブログの削除に応じる必要はない。また、損害賠償請求に応じる必要もない。判決の内容を一部抜粋する。「被告村上のブログを通じて原告のプライバシー、名誉権及び名誉感情を侵害したとは認められない。よって、被告村上の不法行為責任を認めることはできない。」「被告村上のブログの掲載に関し、被告杉本の共同不法行為責任を認めることはできない。」

**実名は伏せた

参照



by maranatha | 2019-04-01 00:02 | 裁判
宗教問題