人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2019年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

墓を訪ねる

熊本に帰られたら声をかけてください、と相談者から依頼された。いつも利用しているカフェで待ち合わせすることにした。ところが、食事を済ませてからと思い、1時間前に着いた。そうしたら、相談者の方が遠方からだったので、早く着かれて、駐車場で一緒になった。父方の先祖の墓がこのカフェは庭園の塀の向こうに見える。話が終わって、父が眠っている墓に出掛けた。熊本に帰る度に足を運んでいる。宿泊は自宅、仏壇の間で寝ている。
by maranatha | 2019-10-08 17:48 | 故郷

ガネブ

熊本の友人宅を訪ねた。庭の垣根にガネブ(山ぶどう)があった。友人の了解を得て、さっそくふた房頂いて口にした。ひと房は熟して甘かった。他はまだ酸っぱかった。熊本でガネブを見つけたのは少年の時以来である。種は捨てずに持ってきたので、京都に帰ったら鉢に植える。教会の庭にはアケビの蔓がのっびてきた。鳥が種を運んできたのだろう。花が咲いたが、実を実らすまでには至っていない。可憐な紫の花を咲かせて、楽しませてくれた。
by maranatha | 2019-10-08 17:36 | 故郷

書作権侵害の証拠品を入手

j's table初期から昨年末まで、違法に製本されたものが何冊かは、まだ返答がないのでわからない。こちらで調べていくしかない。そんな中で、証拠品の提供者が現れた。実態解明に近づくことができる。アリ師がN氏と私の前で著作権侵害した本は14.5冊と言ったが、嘘だったということはこれではっきりした。



by maranatha | 2019-10-07 10:48 | 教会

緊急事態

昨晩東京から22時に帰宅した。22時半に切迫した電話がかかり、会って話を聞いてほしいとのこと。時間も過ぎて、明日は5時に起きて福岡へ行かなければならない。3日後に面談できると伝えた。それでも、今日でなければと、内容を聞いても、会って話さないとの一点張り。承諾した。30分かかるところからタクシーで来会。運転手に往復をお願いし、待機していただいた。話を聞き終わったのが0時半だった。往復代金を渡して帰っていただいた。お金がないとのことで宗教トラブル相談センターから緊急支援金として出した。家について眠りについたのは1時だった。5時には起きなければならない。

5時に起きた。身支度して、外に出た。少し歩いてタクシーを待った。近くの鳥の宿る電線から数十羽づつ、一陣、二陣、三陣と鳥たちが飛び立っていく。まだ日は出ていない。空は朝焼けだ。タクシーに乗車して、空港バス乗り場に着くと出発寸前、声をかけて飛び乗った。バスの中では眠った。空港では新聞を読んだ。ジェット機の中では眠った。空港から地下鉄で博多駅に向かった。博多から乗り換えてこれから目的に向かう。

by maranatha | 2019-10-07 10:21 | カルト化教会の被害者への対応

新しい制度 間違た制度

昨日は富山だった。立山が雲で見れなかった。富山大学の近くを歩いた。足元の石をゆっくり眺めながら歩いた。溝の中にも磨かれたような石がある。踏切のところにも、枕木のところも同じような石がある。ここにはごつごつした石がない。私の故郷の山は白亜紀の山である。沢には礫岩がごろごろしている。夏にはその石を転がすと、沢蟹がたくさん捕れた。

今日は、京都で朝の説教を終え、午後は新幹線で東京に向かった。東京ブランチの説教を終えて、今、新幹線の中でこの記事を書いている。神がモーセの律法に定めた祭司制度が大祭司イエス・キリストの到来によって終わった。神を信じる者はみな祭司となり、万民祭司となった。にもかかわらず、プロテスタント教会の中に24時間の祈りを取り入れ、もっぱら祈りと賛美をする人を立て、レビ人とする間違った教えが出てきている。王制は神が望まれない制度であるが、民の要求に神が応じて許容された制度である。王制は民の負担が増えるにもかかわらず、民は王を求めた。その王制も終わった。祭司制度も王制もなくなった。教会制度も2000年間変遷を繰り返してきた。今の制度も完ぺきではなく、弊害が出てきている。神の言葉に向き合って、教会も歩んでいかなかったら、制度疲労で終わりを迎える。簡単にまとめると以上のようなことを語った。

明日は福岡である。教会のカルト化の相談を受ける。翌日は熊本で異端の相談を受ける。

by maranatha | 2019-10-06 21:08 | 教会

羊を奪うオオカミ

統一教会の信者を説得するとき、イエス・キリストの十字架の完全性、そして、復活が霊的ではなく肉体の復活であること、このような福音の柱となる内容をよく話した。カルト化した教会のクリスチャンをカウンセリングするとき、何をよく話すかといえば、権威と服従である。権威に対しては絶対服従ではなく、間違った権威に対しては服従しなくてもよいと教えている。牧師が神の代理人と称して、信者の服従を強要することが増えている。聖書は偽教師に気を付けるように教えている。絶対服従を要求する牧師はイエス・キリストから羊を奪い取るオオカミである。羊(信者)を食い物にする。イエス・キリストは弟子たちに支配するのではなく、仕えなさいと教えている。
by maranatha | 2019-10-06 17:22 | 聖書

牧師の専権事項?2

専権と事項から成り立つ専権事項は、宗教法人法の中には用語として出てこない。代表役員と責任役員によって運営される役員会は、民主的に運営されるようにできている。教会規則に代表役員の職務権限はあっても専権事項などない。専権という言葉に気を付けることである。

専権は、コトバンク(1)によると次のように書いてある。
1、好き勝手に権力をふるうこと。擅権(せんけん)。「地方豪族の専権」
2、その物事を思いのままにできる権限。「人事権は会社の専権事項だ」

宗教法人法
第十二城条 宗教法人を設立しようとする者は、左に掲げる事項を記載した規則を作成し、その規則について所轄庁の認証を受けなければならない。
五 代表役員、責任役員、代務者、仮代表役員及び仮責任役員の呼称、資格及び任免並びに代表役員についてはその任期及び職務権限、責任役員についてはその員数、任期及び職務権限、代務者についてはその職務権限に関する事項

以上のように、代表役員や責任役員の職務権限は宗教法人法で定められ、これに基づいて、教会規則が作られる。日本基督教団のホームページを見ると、この職務権限が書かれてある。全部を引用することはできないので、検索して「 第 41 条 役員会の処理すべき事項は次の通りである。」を閲覧していただきたい。この中には、「(12)この法人の事務のうち、責任役員が必要と認める事項とある。」教会事務は牧師が決めるのではなく責任役員会が教会の事務の責任を担い判断し決定するのである。牧師の専権事項を教会事務の中に持ち込むことはできない。

(2)「日本基督教団 教会」規則(準則)
http://uccj.org/wp-content/uploads/f1520ac71f7213d1108ecfcf140e897e.pdf



by maranatha | 2019-10-05 20:23 | 教会

役員の越権行為

ある教会の役員が、役員会の決定を不服として、決定に反する行動をとった。役員会で決定するまで反対を述べるのは良い。しかし、決定してから、役員会や信徒たちの集まりで反対を述べることをしてはいけない。当然、役員会は、役員の越権行為に対して厳重注意をした。ところが、この役員はその後も問題を犯し、反省しないので、役員会への出席が停止された。選挙には役員不適格者を知らないで期待値で選ぶ弊害がある。しかし、教会規則で選挙が決まっていれば選挙をするしかない。それが嫌であれば、規則改正をしなければならない。牧師が役員を任命する。しかし、これがいいだろうか。これでは牧師の独断を許す結果になりはしないか。
by maranatha | 2019-10-05 19:36 | 教会

自己治癒力

小学生の頃、獣医師はいても、ペット病院はなかった。獣医師は何をしていたかというと、馬や牛の病気と繁殖に関わっていた。飼っていた犬が大やけどをしたとき、毎日自分で足を舐めて治した。獣医師の世話にはならなかった。人に飼われていない動物はだれの世話にもならない。自分で治すしかない。人も動物も自己治癒力を持っている。しかし、人は自己治癒力よりすぐ医師や薬を頼る。最近、自分で治せるものは自分で治す取り組みをしている。舐めて治しているわけではない。
by maranatha | 2019-10-04 18:18 | 自然

牧師の専権事項?

教会事務の予定が役員会で正式に決定された。代表役員は宗教法人を代表して忠実に決定されたことを執行しなければならない。代表役員は、たとえその決定に不満があっても、教会規則に基づいて行われた宗教法人の決定には従わなければならない。宗教法人には、宗教活動などに伴って、予算案や決算案を作成 、収入や支出を記帳、財産管理などの日常業務がある。 代表役員は、宗教法人の内部において行われる業務の責任者としての立場で、代表役員が専権事項と言い立てて独断でできることはない。第十八条5では濫用を注意している。そして、第二十一条では利益が相反する事項については代表権がない。代表者が「専権事項」を言い立てた場合は、役員や信徒は教会規則にはないとブレーキをかけなければならない。

宗教法人法
第十八条5 代表役員及び責任役員は、常に法令、規則及び当該宗教法人を包括する宗教団体が当該宗教法人と協議して定めた規程がある場合にはその規程に従い、更にこれらの法令、規則又は規程に違反しない限り、宗教上の規約、規律、慣習及び伝統を十分に考慮して、当該宗教法人の業務及び事業の適切な運営をはかり、その保護管理する財産については、いやしくもこれを他の目的に使用し、又は濫用しないようにしなければならない。

第二十一条 代表役員は、宗教法人と利益が相反する事項については、代表権を有しない。この場合においては、規則で定めるところにより、仮代表役員を選ばなければならない。2 責任役員は、その責任役員と特別の利害関係がある事項については、議決権を有しない。この場合において、規則に別段の定がなければ、議決権を有する責任役員の員数が責任役員の定数の過半数に満たないこととなつたときは、規則で定めるところにより、その過半数に達するまでの員数以上の仮責任役員を選ばなければならない。

by maranatha | 2019-10-03 21:15 | 教会
宗教問題