人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2019年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

教会で集団暴行

12月28日、朝日新聞が広河隆一氏からの性被害について報じている。「検証委は『著名なフォートジャーナリストとしての肩書を濫用し、女性たちから自身への尊敬の念に乗じ、権力性を背景に重ねた、悪質な代償型セクシャルハラスメント』と指摘した。」

なぜ、新聞を引用したか。同じようなことが福岡県のある牧師によって行われたからである。関係を強要された女性は、関係に気づいた妻と教会員たちから、平成30年7月30日から31日に激しい集団暴力を受けた。牧師の妻は八女警察署に8月2日逮捕されている。これは牧師辞任、教会解散に値する行為だが、牧師も教会も活動を続けている。

by maranatha | 2019-12-28 12:56 | 宗教トラブル相談

ハニートラップ

アメリカの自己啓発団体の指導者がメキシコで逮捕されたことが報じられている。この団体は女性信者を性奴隷にしていた。宗教トラブル相談センターには、国内のある団体が女性会員を用いてハニートラップを仕掛けているとの情報が寄せられている。実際、仕掛けられた人に私は連絡して話し合いの時を持った。もう一人は伝えたにもかかわらず現状にとどまっている。女性会員が相手とのベッドでの会話を録音し、家族に知らされたくなければ金をだせ、と脅している。どこの団体か、だれかをブログに書く段階ではないが、考えられないことが日本でも起きている。
by maranatha | 2019-12-27 00:00 | 宗教トラブル相談

報道機関から問い合わせ

21日、読売新聞社が自己啓発団体の活動内容と団体名を報じた。宗教トラブル相談センターがこの問題に対応していることも報じられたため、報道機関からの問い合わせが来ている。今日、私を含めて3人が、ある記者から自己啓発団体の件で取材を受けた。問い合わせがあった他のTV局と新聞社へは出張先から情報を提供した。今後の報道がどのようになるかは結果待ちである。弁護団が結成されたことが報じられている。これを機会に、泣き寝入りしたくない被害者が、訴訟に加わることを願っている。



by maranatha | 2019-12-26 22:00 | 宗教トラブル相談

社会問題に取り組む

宗教トラブル相談センターの働きは、相談者の内容によっては、警察署に一緒に行って、事件の内容を言いやすいように付き添うことがある。ひとりで行くことにはだれでも抵抗がある。だれかが、それも助けになる人がいれば行きやすくなる。また、大体話す内容をまとめて、あるいは証拠になるものを持って、弁護士事務所に一緒に行くことがある。また、新聞記者の取材に相談者と一緒に応じることもある。その場合も、証拠となる資料を用意して対応する。宗教トラブル相談センターは、社会問題を扱ったりするので、警察署、弁護士事務所、報道機関と連携することがある。牧師だけではできないことを、それぞれの分野の組織と協力して取り組むことで、従来の守備範囲を超える働きができるようになった。誰かがしなければならない働きである。
by maranatha | 2019-12-24 16:40 | 宗教トラブル相談

五次元スクール生がウェブサイトを多数閉鎖

『京都のスピリチュアル詐欺とその闇』(注1)と言うブログがある。その中の「五次元スクール内部の混乱」が2019年3月8日にアップされている。内容は「たくさんの五次元スクール生が自身のウェブサイトを閉鎖し、隠れ、五次元スクールと自分を切り離そうとしています。五次元スクール生のウェブサイトをご確認ください。」と書いてある。19件を確認した。

昨年、五次元スクールが私を刑事告発したので、多量の五次元スクールの資料が家宅捜査で警察に押収された。その実態が警察の知るところとなったので、閉鎖することになったものと思われる。この件は不起訴となり、五次元スクールにとってはかえってダメージとなった。五次元スクール生のブログの閉鎖はかえって組織ぐるみだったことを明らかにすることにもなった。かなり、私のことを中傷していた。組織ぐるみの中傷ともなれば、民事での訴訟も考えられる。刑事告発して、彼らの携帯が押収されれば、誰が指示していたかもわかる。


by maranatha | 2019-12-22 21:42 | 五次元スクール

読売新聞 自己啓発団体 第2弾

12月21日、読売新聞に「ハワイ煙部屋で『儀式』 自己啓発団体 記憶操作か」の記事があった。これは宗教トラブル相談センターに2013年に相談があった最初のケースで、父親から性的虐待を受けたとして娘が父親を訴えたケースでもある。娘は地裁、高裁で敗訴している。このハワイの儀式を「村上密ブログ」で2013年12月3日掲載したことで、自己啓発団体から退会したい人、退会した人からの相談が相次ぐようになった。新聞には団体の名称も今回は出ている。ブログでは2019年12月17日に「レインボーヒーリングハワイ 秘密の儀式」で再掲載した。

参照:読売新聞:https://www.yomiuri.co.jp/national/20191221-OYT1T50130/
参照:「レインボーヒーリングハワイ 秘密の儀式」(https://maranatha.exblog.jp/28753182/

by maranatha | 2019-12-21 11:10 | 宗教トラブル相談

猫ん 猫運、寝込ん

今日、4名でレストランで昼食を取っていら、猫(茶トラのオス)が窓ガラスに近づいてきた。隔てるのは壁と窓ガラス、こちらを見ているが逃げる様子もない。それどころか座ってしまった。しばらくすると腹ばいになり、良い場所で猫運が良かったのか寝込んだ。一緒に食事をしていたメンバーも窓ガラス越しに猫を見て楽しんだ。これで何度目だろうか。今年になって、猫や犬が近づいてきて、体をこすりつけに来たり、私の足に足を付けて寝たり、腹ばいになったり、座っている椅子の下に来て寝たり。動物との出会いを楽しんでいる。
by maranatha | 2019-12-20 23:25 | 動物

鳥寄せ

最近、あるところで鳥寄せをした。左右の親指を並行に合わせ、その細い隙間に裂いた笹を縦に入れて、鳥を寄せるために吹き始めた。すると、次々と鳥たちが近くの木に飛んできて、にぎやかに鳴き始めた。ちょっと見には、3種類、14、5羽集まった。やがて、興味が失せたのだろう。飛び去って行った。

以前、娘と琵琶湖湖畔を散歩している時、トンビが上空を飛んでいた。ちょっとトンビを集めてみるか、と娘に声をかけて、草笛でトンビを集め始めた。次々とトンビがどんどん集まり、30羽ぐらいになっただろうか、私たちに近い上空でうずをまき始めた。これを井戸を掘るという。娘は、もうやめて、と言ったのでこれ以上集めるのを止めた。

ある池に行った。向こう岸で魚にえさをまいていた人がいた。水鳥も集まっている。ところが私が岸辺に立っていると、えさもないのに、鳥と魚がどんどん集まり始めた。この時は草笛を吹きはしなかった。集めたわけではないが、結果的には集めることになった。

by maranatha | 2019-12-20 10:04 | 動物

読売新聞で報道

読売新聞で自己啓発団体のことが15日に報じられてから、マスコミからの取材の依頼が来ている。おそらく、今後も依頼が来ると思われる。私は出張中なので、全てメールで対応している。パソコンの中にあるかなりの情報を取材の依頼者には送っている。帰宅したら、手元にある資料を提供する予定である。被害者が泣き寝入りするケールが多く、今回の新聞報道で被害者たちが勇気を与えられたのは確かである。
by maranatha | 2019-12-17 22:17

レインボーヒーリングハワイ 秘密の儀式


前回レインボーヒーリングハワイの秘密の儀式の一部を明らかにした。それは、豚の頭を棒で滅多打ちにすることである。これよりも危険と思われることがある。レインボーヒーリングハワイでは、ホワイトセージの効能を語り、それを売っている。これは事前の仕込である。ハワイへ行ったとき、儀式として、目隠し状態で。狭いシャワールームで、ホワイトセージの煙を思いっきり吸わせられる。呼吸器の激痛で息が止まりそうになるが、浄化のため、と言って我慢を強いられる。痰と痛いほどの咳がでるが、悪いものが出るのだからと、再度我慢を強いられる。 息苦しくて、意識がもうろうとしてきた中で、大音量の太鼓のインディアン風の音楽が頭上から流れる。人によっては全く目をつぶった中で行われるために恐怖を覚えるだろうし、人によっては、トランス状態になる。むせる。頭痛がする。地下に引き込まれるような気持になる人もいる。時には、笑いたくなる。泣く。ホワイトセージにそのような「効果」があるだろうか。薬物の可能性はないだろうか。と言うのは、その時着ていた服は捨てさせられる。服についた物質を後で検査することもできない。このクレンジングの経験から、ヒーリングへの傾斜が急速に始まる。シャーマンは、よく目をつぶるように指示する。その時、甘い香りをかがされることもある。いったい何をかがされているのだろうか。ハワイへ行くように盛んに誘われる。しかし、何をするのかは秘密である。事前に知っていたならば、行かないはずだ。知らずに参加したら、次も行かないではおれないように、依存度が深まるのは何故だろうか。料金表は公表されているのに、それ以外の高額なクレンジングの費用は、領収書を受け取ることはない。3000ドル、7000ドル、1万ドル支払っても、領収書は出ない。空港の税関では、持ち込んだ金額を偽るように指示される。脱税をしている可能性がある。シャーマンは、段々、個人的な対応に移行し、費用も高額になっていく。パートナーのYは、密室のホテルを使って、パートナーであるシャーマンが異性へ対応することを知っている。そして、嫉妬と不信感を深めている。女性の性的被害者が出ないことを願うばかりである。転移性恋愛の状態に持っていかれたら、被害を被害と訴えることさえできなくなる。最後に、「ホワイトセージ」を検索すると、レインボーヒーリングハワイの関係者のブログが目立つ。ブログを開くように、シャーマンに指示されているからだ。このような情報を事前に知って、ハワイに行く人がいるだろうか。

by maranatha | 2019-12-17 11:25 | レインボーヒーリングハワイ
宗教問題