人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

「嵐の中で 7」

 昨年(2005年)5月24日(火)、25日(水)、沖縄で「カルト問題セミナー」を開きました。4月日永田保容疑者(当時)逮捕から約 1ヶ月半の時点で行われたセミナーでした。相談が始まった1月からの嵐の中で何を考 え、行動したかを知っていただくことは、カルトの類似事件にこれから取り組む 人々に参考になるかと思いレジュメを掲載することにしました。

(全7回に分けて掲載します、4/20掲載の記事「嵐の中で 1」 から順にご覧ください)


【レジュメP.6】
セミナー4
■ カルト化のチェックと予防 ■
A.「カルト」と「破壊的カルト」
B.破壊的カルトが引き起こすもの
1.家庭破壊
2.自己破壊(アイデンティティー破壊)
3.精神破壊
4.経済破壊
5.遵法意識の破壊

C.破壊的カルトの種類
1.宗教的カルト
2.政治的カルト
3.経済的カルト
4.心理療法カルト
5.教育カルト

D.破壊的カルトの魅力
1.宗教的欲求
2.生活共同体の欲求
3.権威への欲求
4.超越の欲求
5.社会変革への欲求

E.破壊的カルトからの予防
1.入脱会の自由に対する侵害
2.信教、思想の自由に対する侵害
3.通信、居住の自由に対する侵害
4.性、子供の権利に対する侵害
5.健康、文化的生活の権利に対する侵害
6.民主教育制に対する侵害
7.組織の民主制に対する侵害
8.プライバシーに対する侵害
9.その他の人権に対する侵害

—— Eのリストは 『宗教トラブル110番』 より ——
# by maranatha | 2006-05-01 11:33

「嵐の中で 6」

 昨年(2005年)5月24日(火)、25日(水)、沖縄で「カルト問題セミナー」を開きました。4月日永田保容疑者(当時)逮捕から約 1ヶ月半の時点で行われたセミナーでした。相談が始まった1月からの嵐の中で何を考 え、行動したかを知っていただくことは、カルトの類似事件にこれから取り組む 人々に参考になるかと思いレジュメを掲載することにしました。

(全7回に分けて掲載します、4/20掲載の記事「嵐の中で 1」 から順にご覧ください)

【 レジュメP.5】
セミナー3-2
心の変化と回復のためのカウンセリング 回復のためのカウンセリング

「神である主は、私に弟子の舌を与え、疲れた者をことばで励ますことを教え、朝ごとに、私を呼びさまし、私の耳を開かせて、私が 弟子のように聞くようにされる。」(イザヤ50:4)この御言葉を自分のことばにして祈る。

A 神への信頼の回復   
まず大切なことは神への信頼を回復させること。神との出会いに導くことによって身心の癒しが起きる。福音がその人自身の日常の経験の中に届くように 援助する。有効な聖句は「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従がって召され た人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは 知っています。(ローマ8:23) この御言葉の実際の体験を願い祈る。

 
B 人への信頼回復      
対人関係の恐怖心を取り除く。相手が関係を切らない限りこちらからは切らない。カウンセラーは良きサマリヤ人として関わる。神と 人への信頼回復の援助の自覚を持つ。因果応報的な話は一切しない。「神のわざがこの 人に現れるため」(ヨハネ9:3)の福音を伝える人となり、信頼を得る。

C 自分自身への信頼回復
心の中の思いが言葉化されて十分に表に出るよう に導く。自分自身の弱さと罪を認め、悔い改めに導く。セルフイメージが低くなっているので、その人の 存在をその人の目からではなく、神の目から尊いことを語りかけ、それを受け入れる ように勧める。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛してい る。」 (イザヤ43:4)その人の良い点に目をとめ、評価、しさらに成長 を助ける。カウンセラーの目から見ても、その人の魅力を発見し、語りかけ、自分自 身への信頼と尊厳の回復を助ける。

要約
 そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽く し、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛よ。』 これがたいせつ な第一の戒めです。 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の 戒めも、それと同じようにたいせつです。 律法全体と預言者とが、この二つの戒めに かかっているのです。」 (マタイ22:37〜40)この御言葉の中に神、人、自 分自身との愛の関係が明文化されている。
# by maranatha | 2006-05-01 11:30

「嵐の中で 5」

 昨年(2005年)5月24日(火)、25日(水)、沖縄で「カルト問題セミナー」を開きました。4月日永田保容疑者(当時)逮捕から約 1ヶ月半の時点で行われたセミナーでした。相談が始まった1月からの嵐の中で何を考 え、行動したかを知っていただくことは、カルトの類似事件にこれから取り組む 人々に参考になるかと思いレジュメを掲載することにしました。

(全7回に分けて掲載します、4/20掲載の記事「嵐の中で 1」 から順にご覧ください)

【レジュメP.4】
セミナー3-1
心の変化と回復のためのカウンセリング心の変化
A,驚きと疑問---> B,自己不信 ---> C,人間不信 --->D,神不信

A、驚きと疑問
1.「なぜ私が」「こんな目に遭わなければならな いの」
2.「なぜ」という疑問を回避できる人は少ない

B 自己不信
1.「私にどんな罪があるというのか」
2.自分に原因があるか捜し始める、祈り不足?信 仰不足?

C 人間不信
1.「誰も私のことをわかってくれない」
2.周りもどう慰めてよいかわからず、しばしば人 の善意の言葉にも傷つけられ、苦しむ結果となる。

D 神不信   
1.「なぜ神はこんなことをゆるされるのか」「神 様は不公平だ」「神様は私を見捨てられたのか」
2.出来事の原因が自分や他の人の中に明確に発見 できないとき、神への疑問と不平に変化し、祈りが答え られなかったと思い、神との 関係が悪化する。

要約
 人間は3つの関係で生きている。自分自身、人、 神 この3つの関係が崩れていくと、心の状態は悪化
の道を辿る。
# by maranatha | 2006-05-01 11:26

「嵐の中で 4」

 昨年(2005年)5月24日(火)、25日(水)、沖縄で「カルト問題セミナー」を開きました。4月日永田保容疑者(当時)逮捕から約 1ヶ月半の時点で行われたセミナーでした。相談が始まった1月からの嵐の中で何を考 え、行動したかを知っていただくことは、カルトの類似事件にこれから取り組む 人々に参考になるかと思いレジュメを掲載することにしました。

(全7回に分けて掲載します、4/20掲載の記事「嵐の中で 1」 から順にご覧ください)

【レジュメP.3】
セミナー2-2
■ 事件の発覚と対応 ■    
1.カウンセリング
 1.被害者
 2.被害者の家族
 3.脱会した牧師、伝道師
 4.脱会した信徒
 5.永田容疑者逮捕後、
  新規の被害者と被害者家族、
  脱会した信徒の相談
 6.その他の相談
2.弁護士
 1.弁護士
 2.支援弁護士
3.警察
 1.八幡署
 2.府警本部
4.京都府
 1.プロジェクトチーム
5.キリスト教会
 1.受け皿としての教会
 2.協力牧師との連絡
 3.支援者
 4.チェック機構の必要
6.マスコミ対策
 1.キリスト教系新聞社 3紙
 2.キリスト教系TV
 3.新聞社
 4.TV
 5.週刊誌等
6.共同記者会見
7.アッセンブリー京都教会
 1.協力体制
 2.宗教トラブル相談センター
8.裁判
 1.刑事
 2.民事
# by maranatha | 2006-05-01 11:20

「嵐の中で 3」

 昨年(2005年)5月24日(火)、25日(水)、沖縄で「カルト問題セミナー」を開きました。4月日永田保容疑者(当時)逮捕から約 1ヶ月半の時点で行われたセミナーでした。相談が始まった1月からの嵐の中で何を考 え、行動したかを知っていただくことは、カルトの類似事件にこれから取り組む 人々に参考になるかと思いレジュメを掲載することにしました。

(全7回に分けて掲載します、4/20掲載の記事「嵐の中で 1」 から順にご覧ください)

【レジュメP.2】
セミナー2-1
■ 事件の発覚と対応 ■
永田 保(金 保)容疑者は1943年7月大阪府泉南市で生まれた。現在61歳。   
1986年1月 京都市内で布教を始め る。
1987年12月に宗教法人を取得。
1996年1月 「聖神中央教会」に改名。
2000年12月八幡市に土地建物を購入し移転。

 今回の事件の第一報は12月末、ドウゲン師より 電話で内部告発文書を知らされた。本年1月7日、聖神を脱会した牧師、伝道師がアッ センブリー京都教会を訪問し、さらに詳しい経過を伝えてくれた。聞くところによ ると永田(金)容疑者の不道徳は14年程前からのことであった。そこで、今後の相談と被害者とその家族の相談に応じることをその場で約束した。その後、相談を重ねながら4月5日に正式に「被害者の会」を結成し、村上が代表者となった。聖神中央教会は長老制であるが、永田容疑者は独裁的運営をしている。誤った「汚れた霊の教え」、極端な終末論と滅びを強調して聞く者に恐怖心を植え付け、信者の心と体を支配している。この教会には教理的誤り、 経済的被害、児童・学生の学力低下、家庭破壊、マインドコントロール等のカルト 特有の問題点が見られる。

 4月6日、永田容疑者が逮捕される。宗教団体内 での児童への性的虐待の立件は非常に困難なことであり国内初である。被害者達は1 2歳の時から継続的に虐待を受けてきた。被害者は現時点で10人未満であるが、そ の後、府警は成人女性を含めた被害調書を作成している。永田容疑者は信仰の従順と祝福を結び付け、従わ なければ「地獄に落ちる」と恐怖心を与え、心理的にも抵抗する力を奪ってきた。こ のことが宗教上の教義に絡んで婦女暴行罪が適用されるのは国内で始めて。又、宗教法人の指導者の個人的な不法行為で、宗教法人の不動産の仮差し押さえが認められ るのは極めて異例。永田容疑者は事件の発覚を恐れ、部屋で見たこと、聞いたこと、 体験したことを他言しないようにと宗教的権威を笠に着て命令している。数年前から 今日に至るまで情報が漏れなかったことからも、少女たちがいかに恐怖のマインドコ ントロール下にあったかが明らかである。今後、同教会を脱会した信者が近隣の教会に礼拝 出席すると思われる。教会は受け皿となり温かく迎え、人間関係を十分築きつつ教理的誤りを正し、心のケアをお願いしたい。聖神に失望し、教会にも失望することは回避したい。すでに聖神中央教会から離脱した枝教会の中には排他性を捨て、誤った教えをす正すプロセスを踏み始め、近隣教会との交わりを求めている。二度とこのような 事件が起こらないためにも、全ての教会が自己点検し、健全な教会を建て挙げるよう にと願っている。
# by maranatha | 2006-04-24 19:21
宗教問題